「河北省、滄州市にあるマニアックな観光スポット」

滄州市は河北省に位置しており、東は渤海に面し、北は京津に接し、山東半島や遼東半島と海を隔てて向かい合っています。国家によって沿岸開放都市の一つに指定されており、全国的に知られた石油化学工業基地と北方の重要な陸海交通の要所です。

河北県庁の南東部に位置しており、そこから約16.5キロ離れた場所に、沧州鉄獅子と呼ばれる建物があります。それは、東関村の西側、約0.5キロの位置に位置しています。この巨大な鋳鉄鉄獅子は、高さ5.78メートル、長さ5.34メートル、幅3.17メートル、重さは約50トンに達します。伝説によると、この鉄獅子は巨大なお盆を背負っており、文殊菩薩の蓮華座となっています。鉄獅子は南を向いており、頭は南西を向いており、左足2本が前に出ており、右足2本が後ろに出ており、前進する姿勢をしており、形は壮大で、気迫にあふれています。この生き生きとした鉄獅子は、私たちの鋳鉄技術の中で大規模な作品の1つであり、また有名な歴史文化遺産の1つでもあります。それはすでに1000年以上存在しており、私たちの古代労働人民の知恵と芸術的才能を完全に表しています。
吴桥曲芸大世界は、河北省滄州市吴桥県に位置し、「曲芸の里」の優位性を発揮し、吴桥に建設された遊園地であり、また、吴桥県のアマチュア曲芸芸人にとって演技と生計を立てる場所を提供しています。
清真北大寺は広大な建築面積と壮大な雰囲気を持ち、独特な建築様式を備えており、建築面積とスケールは華北地域で最も大きな清真寺の1つです。寺院は東西に向かっており、前庭と後庭の2つの中庭から構成されています。前庭にはアホンの室、浴室、そして女寺10以上の施設があり、西側には脊出廊の講堂が左右に5つずつあります。後庭には礼拝の大殿があります。
東光鉄仏寺は、河北省東光県の普照公園内に位置し、北宋時代に建てられた「普照寺」という名前で、現在は千年以上の歴史を持っています。鉄仏寺は文化大革命の時に破壊され、1986年に修復された。

南大港湿地

南大港湿地は滄州の有名な退海河流淤積型の海岸湿地で、四季美しい景色があります。観光遊覧船や陸路、堤防路、南北2つの観光客センターと広場、5つの遊覧船の船着き場、鳥観察舎、マコモ海の迷路、放鶴広場、大窪民俗博物館、鳥の巣、野鴨湾、仙島、生態緑化の廊下など多くの名所があります。また、ツル・ガンなどの鳥類の演技プロジェクトもあります。