これら7つのローストダック店舗の存在は、あなたが北京の全聚徳だけを食べない理由です。

このような霧の深刻な天気では、外出する理由が2つしかないと思われます。1つは仕事であり(貧しい)、もう1つは烤鴨を食べたいからです(欲深い)。霧が濃くて何も見えない帝都で、美しく赤い艶のある烤鴨が現れ、熱気が立ち込めています。少なくとも、人々の心の暗い感情を和らげることができます。

利群鴨料理店

主厨の張立群は北京ダックの第5世代の伝人の一人であり、1991年、祖父が全聚徳を去った後、彼は翔鳳胡同にある四合院で自分の小さな店を開きました。古き北京の北京ダックを味わいたい場合、ここは間違いなく最良の選択肢です。

「イエシイユエシャンIFW」

悦食悦香ローストダックの料理長は全聚德出身であり、ダックの産地も全聚徳と同じ金星鴨場から来ています。各々の鴨も、その成り立ちを知ることができ、鴨の体に付けたQRコードをスキャンすることで、飼育、検査、屠殺の担当者が一目瞭然です。

1949フルダックシーズン(三里屯店)

全鴨季の鴨は比較的小く、約4キログラムしかありません。しかし、焼く時間は短くなく、肉と皮の間の脂肪を焼き切ることが狙いとされています。また、砂糖漬けの工程では麦芽糖に加えて蜂蜜も使用されるため、鴨が誘人的な色合いに焼き上がります。

「大東(団結湖店)」

大董ローストダックは北京でかなり有名で、通常の5ポンド程度の四系填鴨と比較して、自己考案した小型の雛鴨はより特色があります:普通の填鴨は22日間生育した後に粗食を食べ始めますが、大董の小型の雛鴨は生まれてから玉米ケーキ、豆ケーキなどしか食べず、重量は約2ポンド6オンスで、皮はよりきめ細かく、肉はより新鮮で柔らかいです。

四季民福ローストダック店(故宮店)

ローストダックには、強化炉が使われ、保温効果が非常に優れています。 鴨は炉内に吊るし、色を均等にするために常に回転や調整が必要で、使用される木材はすべて専用の棗木であり、それは京都に数少ないすべての棗木を使用するダック屋の一つです。

九花山ローストダック店

九花山の奥深くにある小道に店がある。店のオーナーは1976年に全聚徳のローストダッククラスに入り、最も若いローストダック技師だった。97年には自分自身で店を開き、ローストダックの仕事を40年以上も続けてきたが、新しい店を開くことにはこだわらず、この一軒家だけに専念している。

チャンアン1号

アヒル肉は麦芽糖で色をつけるために、12時間冷凍する必要があります。1年中の気候条件に応じて、職人は糖蜜の調合比率を調整し、焼いたアヒル肉が常に同じ色合いを保持するようにしています。

関連旅行のヒント

Article thumbnail

6つの場所、北京の古い思い出を凝固化する

Article thumbnail

北京で最も美しい西洋胡同

Article thumbnail

北京の出身地元民として、私はこの1%の店舗で「四大天王」と呼ばれる軽食を食べるだけです。

Article thumbnail

この炒麺があれば、私は北京で良い生活を送ることができます。

Article thumbnail

カードスタンプ・北京にある6つの美しいプライベートブックストア

Article thumbnail

北京3日の自由旅行攻略

Article thumbnail

北京で遊ぶ際、絶対に見逃せない無料スポット。

Article thumbnail

「旗行事旗を見に泊まるなら、これらのホテルがオススメです。」

Article thumbnail

これらの北京の胡同には、想像できない生活の情緒があります。

Article thumbnail

北京で超人気のSNS映えする写真撮影の聖地、同時にあなたの味覚も満足!

Article thumbnail

大北京の観光地を完全制覇!見逃せないスポット!

Article thumbnail

北京チェックイン・カフェリスト。

Article thumbnail

最も京風のある四合院

Article thumbnail

京都きんとうほらが選ぶおすすめの店数軒

Article thumbnail

地元の人が京都に案内して、その辺の小さな店で現地の文化を探検しよう。

Article thumbnail

北京で平価なミシュランレストランをリストアップし、あなたの口に合うかどうか確認します!

Article thumbnail

北京に集合した面食pK、あなたの本命麺はどれですか?

Article thumbnail

北京で相声を聴いたり京劇を観たりするための6つの素晴らしい場所

Article thumbnail

北京の串焼き文化が帰ってきました!これらの10店舗はベッドと敵対しています。