ラサでは、行かなければならない五つの寺院があります。

ラサには十分な陽光があります。霧霾に悩まされている人にとっては、これこそが最も求められるものです。冬のラサはほぼ毎日晴天で、曇りの日はめったにありません。その青々と広がる空は、太陽の町であることを物語っています。また、チベット式のレストランもおすすめで、休憩にぴったりです。

中国チベット自治区の首都ラサ市区の北西に位置するマブリ山にある、世界で最も標高の高い壮大な建築物であり、宮殿、城郭、寺院が集まっています。また、チベットの巨大かつ完全な古代の宮殿の建物群でもあります。
大昭寺は、チベット仏教の高度に敬意を表する場所であり、彼のチベット語の名前は「ジャオカン」であり、ポタラ宮と同等の重要な地位を持つものと見なされています。 この寺院は、松贊干布が文成公主のチベット入りを記念して建設した時期に建てられ、ラサ市の歴史と文化の象徴と見なされています。 最も注目すべき観光スポットは、文成公主が彼女の入りの際に持ち込んだ12歳の釈迦牟尼像などです。これがラサが「聖地」と呼ばれる理由の1つです。 観光客はまた、3階のテラスに登って、ポタラ宮の遠景と大昭寺広場を見ることができます。 毎年、チベット暦正月15日のバターの花の灯りの祭りや、チベット暦10月15日の吉祥天母祭りは、大昭寺と八廓街で最も活気のある時期です。
・ラサの三大寺には、セラ寺、ツェプン寺、ガンデン寺が含まれており、セラ寺は最も遅く建てられたものです。ここでは有名な経論辯論が開催され、多くの観光客が訪れます。 ・経論辯論は通常、寺院の最北部にある経論斎で行われ、早く到着して良い場所を確保する必要があります。 ・セラ寺の多くの大殿には、古い壁画が保存されています。訪問者は懐中電灯またはヘッドランプを持参して、より良く鑑賞することがお勧めです。 ・寺院内には、1万個以上の金剛菩薩像が残っており、一部は地元で作られ、他の一部は本土やインドから運ばれたものです。
「哲蚌」は、山腹にある白い建物の集まりから名付けられました。遠くから見ると、巨大なお米の山のように見えます。お寺には、「甘丹颇章」と「措钦大殿」など著名な建物があり、四つの「扎仓」と康村などもあります。中でも、巨大な経典の辯解儀式は見逃せません。僧侶たちは2人1組で、誇張された動きを伴って経典の論理を演じ、とても面白い光景です。
ラサに行ったことがあるなら、ザイバ寺に行かなかったことは、新しい服を縫わずに着るようなものです。ザイバ寺にはバスがなく、早朝に宇拓路に行き、バスまたはチャーターを利用する必要があります。また、帰りのバスは早めにあり、少しでも油断すると帰りのバスに乗り遅れる可能性があります。ザイバ寺は修行場所で、いくつかの洞窟は有名で、伝説では蓮花生大師やチベットの王様が修行した場所とされています。淡季には入場料は必要ありませんが、私たちが行った日は観光客は少なく、ごくわずかな巡礼者だけでした。寺院の高い場所からは広がる景色は素晴らしく、山々、青い空、赤い低木が目に入ります。本当に修行するには良い場所です。

喜鵲閣-レストランのおすすめ。

喜鵲閣は八廓街南街の中にある庭園内にあります(看板があります)。庭園に入って2階で何かを頼んでください。2階でもお茶や食べ物が食べれますが、3階の屋上は太陽がよく当たり、風景が美しくて友達や女の子と話すことができます。ここに来る人は大半はチベットマストであり、観光客は少ないです。値段は公正で、チャイやスイートチャイ、バターチャイなどすべて5元です。食べ物はチベット料理ですが、内地の味付けに合わせています。光明よりここは安心して過ごすことができますし、マージアミよりもリーズナブルで地元色があります。