ラサ市中心周辺のおすすめスポット「甘茶の店」

甘いお茶はミルクティーやバターティーではなく、チベットではすでに約100年の歴史がある。時代を感じさせる茶館はまさにラサ市の発展の縮図でもある。陽光に包まれたこの街で、木陰でゆっくりと座り、甘いお茶を飲みながら地元民たちの生活に溶け込んでいくことができます。

ランサイ古美術城の4階の茶屋

特徴:視野が広い。ラサは高層ビルのない街で、4階建ての茶館が地元では比較的高い建物です。ここで甘い茶を飲むと、心境が変わります。目の前には大昭寺の豪華な屋根、遠くには雄大なポタラ宮があり、遠くを見渡すと、街の四分の一程度を広い視野で見ることができます。

光明港ジョンテンチャーガン

特徴:地元らしさが最も特徴的。チベットに行く前に、この甘いお茶屋さんを勧められる場合があるかもしれません。ここに来るほとんどの人は地元のチベット人で、狭い部屋の中で、異なる言語の会話を聞きながら楽しんでいます。許可を得ていれば、ここは人文的な写真を撮ることもできます。

仓姑寺甘茶屋

特徴:静かで、ラサの旧市街に隣接する唯一の尼僧寺であるTsangkung Monasteryの茶館です。多くの人が混雑する茶館の中では、比較的静かであり、ここでは一茶一禅が特徴となっています。いつ行っても、黄色の衣装を着た覚姆が常に見慣れた姿で迎えてくれます。

老名の健康な冷やしゼリー

特徴:地元民の間で知名度が高く、涼粉が美味しい。このレストランは地元民の間で非常に有名であり、店内は大抵混雑しています。凉粉を看板メニューとしているが、店内で提供される甘茶、酥油茶、酸乳、チベット風麺も非常に美味しいです!

城関区の雪消費社の茶館

特徴:赤い山の麓で、故宮を鑑賞しながらお茶を飲むことができる。この茶屋は、ポタラ宮と白塔の間にある二階建ての建物にあり、工芸品店、旅行代理店、写真現像店の中に混ざっている。それによって、自然と文芸的な雰囲気を持っていて、シミや灰色化した壁面からも、これは年月を感じさせる甘いお茶屋さんであることが分かる。

マギアミ

特徴:チベットで最も有名なチベット料理のレストランです。開店から閉店まで、いつでも並んでいる人がいます。このラサで最も有名なチベット料理レストランはバッカオ街の角にあり、2階からはラサで最も繁華な通りを見ることができます。甘茶はメインメニューではありませんが、ヤギの肋骨の焼き物や牛肉炒めもおすすめです。