ラサ聖地のサブスクリプションに近い寺院。

ラサには有名な3か所以外に、観光地の中心地以外にも、都市の歴史に引けをとらない大小様々な特色を持つ寺院が、チベット様式の住宅の中に隠れて存在しています。これらがラサの市井文化を構成しています。

小昭寺 - 清修の場所を探しています。

小昭寺は多くの人に知られ、崇拝されるようになったのは、最初に文成公主が寺院全体を建設したためであり、寺廟内には釈迦牟尼が8歳の等身大の像が安置されています。18世紀には、ここはグルパ派密法の最高学府である上密院の校舎でもありました。
チベットの四大活仏の一つの邸宅。丹杰林寺(1762年に建造され、乾隆によって名付けられた四大林の中で最も広い土地を占める寺院であり、木の階段を登って屋上からポタラ宮が見えます)。
策門林寺(1777年に建立され、周囲の住民によって包囲された庙であり、寺院に参加する人々はすべて周辺の住民である。通り過ぎる忙しい信者や、庭に干された美しい衣服は、これがラサの接地寺院であることを証明している)。
功徳林寺(1792年創建。「功徳林」の額は乾隆帝から贈られ、200年以上の歴史を持つ。ここでは香油を捧げて祈願する蔵民が多数いる)。
喜徳林寺(9世紀に建てられ、四大林の中でも最も歴史の古い寺院で、寺院の底部が大昭寺や布達拉宮に繋がっているという伝説があるが、それはただの噂に過ぎない。しかし、かつて栄華を誇った喜徳林寺は宗教政変によって荒廃し、黒く焦げた倒壊した建物が当時の歴史を語っている)。
私たちは多数の観光客の写真の中で、ザンコジ寺院の影を見ることができます。それは、これが古い街唯一の尼僧寺院であるためです。また、ここでのお茶は非常に有名で、チベットに来たすべての観光客が訪れる場所の1つです。
・ラサの三大寺には、セラ寺、ツェプン寺、ガンデン寺が含まれており、セラ寺は最も遅く建てられたものです。ここでは有名な経論辯論が開催され、多くの観光客が訪れます。 ・経論辯論は通常、寺院の最北部にある経論斎で行われ、早く到着して良い場所を確保する必要があります。 ・セラ寺の多くの大殿には、古い壁画が保存されています。訪問者は懐中電灯またはヘッドランプを持参して、より良く鑑賞することがお勧めです。 ・寺院内には、1万個以上の金剛菩薩像が残っており、一部は地元で作られ、他の一部は本土やインドから運ばれたものです。
扎基寺はチベット唯一の財神殿であり、ここにはチベット独特の酒文化があります。大広間の入り口には、酒を販売する屋台があり、参拝する人たちはこの寺院の財神に供えるために酒を買います。
「哲蚌」は、山腹にある白い建物の集まりから名付けられました。遠くから見ると、巨大なお米の山のように見えます。お寺には、「甘丹颇章」と「措钦大殿」など著名な建物があり、四つの「扎仓」と康村などもあります。中でも、巨大な経典の辯解儀式は見逃せません。僧侶たちは2人1組で、誇張された動きを伴って経典の論理を演じ、とても面白い光景です。