天津で食べるなら、地元の味を楽しめるレストランをおすすめします。

天津に来たらぜひ津味料理を食べてください。良いレストランが多すぎます!今回ご紹介する店舗はコスパが非常に高く、旅行中に集まって食事するのに最適です。

大鉄スプーン料理店

大鉄スプーン、コストパフォーマンスの王様。毎回天津に来ると、どの店も食事客でいっぱいです。席を取るためには十分な時間を確保する必要があり、個室には3週間前に予約する必要があります。地元の人には、宾水西道店、迎水道店(非常に混雑していてグルーポンはありません)が人気です。必ず注文する料理:八珍豆腐鍋、豊富な材料が使われており、中にはエビ、貝柱、イカが入り、とても美味しい。豆腐は外側はサクサク、中には柔らかく、口に入れた瞬間溶けます。

宴会会場ロビー

ハラールレストランの超老舗店。本格的な天津料理で、特に高齢者に人気があります。エビや和牛肉などが非常に美味しく、しかし平和地区はおすすめできません。サービスが追いつかず、人通りが多く、南開店に比べて料理の味が悪いからです。和平店はグルーポンがありますが、南開店にはありません。

正陽春天天津ローストダック店

正陽春天津ローストダック店は、北京の鴨王大董、全聚徳などの店には敵わないが、北京以外の方はぜひ味わってみてください。ローストダックのほか、料理も非常に豊富で、価格も中程度です。ここの鴨油包もぜひ味わってみてください。味はあまり驚くほどではありませんが、庆丰包より強いです。鴨油包は私の子供時代の思い出であり、ローストダックよりも鴨油包を食べると人は幸せになります。

老天津衛の炸醤麺店

北京の炸醤麺は特色的ですが、天津と比べると味がはるかに劣ります。 炸醤麺とタンスイジアンを一緒に頼んで、あなたは以降天津の炸醤麺しか愛せなくなるでしょう!

四代羊汤

羊肉が好きじゃない人でも、焼き羊串を食べることはできます。この店が好きでなくても、食べることができます。羊肉が好きじゃない人でも食べさせることができるなら、本当に試してみるべきです。味が好きなら、わざわざ店に行くでしょう。

天津市のキリンプラザホテル。

天津で最も有名な百年西洋料理店。1901年にドイツ人によって創設されました。2階にはロシア料理、3階にはドイツ料理、4階にはフランス料理があります。以前は味も水準を保っていましたが、最近は口コミがまだ良いかどうかわからない。ここに来る理由は歴史と文化、そして環境があるからで、どうしても失望することはないでしょう。現在はグルーポンのキャンペーンもあります。

天津百餃園

餃子や津料理、ローカル料理があります。まず、餃子の話から、百餃園の豚三鮮は一等で、青島の船歌魚を越える水準です。カニの黄身や皮付きエビもお勧めです。アジは青島のように美味しくないです。北京にも百餃園がありますが、私が訪れた2店は味と天津店のクオリティは違いました。北京の方庄店は餃子が美味しいですが、炒め物はとてもしょっぱいです。一方、北京の西單店は環境が良いですが、餃子は一般的で、炒め物は津菜を主としていません。
これは旅行者が必ず訪れる場所です。ここでは一般的に、「鴨溪酒楼」という店に行きますが、この店は今でもあります。もし必ず食品街を散策する必要がある場合は、「鴨溪酒楼」をお勧めします。老醋三鮮をお勧めします。また、「鴨溪酒楼」は多くの支店があり、住所は大衆点評で確認できます。