ブータン国家記念碑, 記念碑と仏塔は素晴らしいです。

National Memorial Chorten
チョルテンラム
4.3

紹介

ブータンのティンプーにある象徴的な建物は、現代ブータンの父と呼ばれるジグミ・ドルジ・ワンチュク3世国王のビジョンに基づいて建てられました。1974年に完成した仏塔ですが、国王は残念ながら亡くなっています。この建物は、国王を記念し、世界平和のために建てられた記念碑であり、ティンプーの人々が毎日回る塔の中心地です。地元の人々によると、回塔することで過去に犯した罪を懺悔できるとされています。国家記念碑も仏塔であり、中には聖なる宗教画や密教のブッダ像が保存されています。この金色の尖塔の建物には、3世国王の遺体は収められていませんが、人々は彼の肖像画を鑑賞することができます。風に吹かれて、建物に掛けられた鈴が鳴り、下には熱心な巡礼者たちが蛇行する列が並んでいます。多くの王室メンバーや宗教指導者がこの場所を訪れると言われています。
住所
チョルテンラム