ハルビンを訪れる価値がある百年以上続く教会。

各都市には異なるトーンとムードがあります。この市内の古い建物が点在する街、ハルビンにも、喧騒が交じる市中や、生活の最も本当の姿が存在します。百年の歳月の中で、かつて栄華を誇った古い教会は、現代のハルビン市民生活の一部になっている。以下、ご一緒に旅行しましょう。

東大正母マリア教会

その教会は1902年に建設され、100年以上の歴史を持ち、祈りの場所と正教墓地の教会である。現在、ハルビン唯一の復興正教活動教会である。1930年には、ロシアの有名な建築家ユ・ピ・リダノフが設計し、トルコのイスタンブールのアヤソフィア大聖堂の芸術様式を模倣し、木造教会を基礎に、純正教式建物を煉瓦造教会に再建した。現在は、黒龍江省哈爾濱市南崗区東大直街南側(東大直街268号)に位置している。

聖ソフィア大聖堂

1907年3月に建てられ、最初は軍の教会でした。現在はハルビン及び遠東地域で最大の正教会であり、また建築芸術館でもあります。1923年9月に再建されるまで9年かかりました。1932年にロシアの建築家クヤシコフによって建てられたこの建物は、ビザンチン建築芸術の影響を受け、ロシア式の伝統的な「玉ねぎ頭」のテント屋根、ロマネスク様式の高い窓アーチ、さまざまな建築芸術様式の有機的な組み合わせがあり、すべてが赤いレンガで造られています。建築平面はギリシャ語、東西ラテン語の十字形の配置である。

外れ清真寺

原名はハルビン清真寺、またはビンジャン清真寺で、現在東北地域最大のイスラム教の清真寺です。設計者はクラブリー兄妹です。1897年には5つの草小屋しかなかったが、後に教会も建てられ、この教会は黒竜江省で最大のアラベスク建築であり、ハルビン市のムスリムの宗教活動の主要な場所であり、ムスリムが集まる場所でもあります。清真寺の天井や門窓はアラブのドームや円穹形を採用しており、正面には30の緑色のドームが並んでいます。月見楼の塔と塔頂には月の弦と白地に緑色の装飾があり、金色の装飾もあります。現在、ハルビン市道外区南12道街にあります。

フラン教会

1908年にフランスの司祭ダイジダ主導で建設されました。 1945年にソ連の赤軍に占領され、1956年以降はフランスの教会として使用され、その間、倉庫として使用されました。 修復後、現在の黒竜江省最大のカトリック教会になりました。 主な建物は、ゴシック様式の2つの塔を備えたフランス式の教会で、外観がパリのノートルダム大聖堂に似ているため、「東方のノートルダム」と呼ばれています。 カトリック教会は、教会と建物に分かれています。教会の内部は非常に大きく、2つの列に高い柱があります。修復後の教会はより高くなっています。
1901年に建設され、一定期間中国の五金機械会社ハルビン支社の人民武装部に貸し出され、2001年に修復され、現在では北部地域唯一のタタール清真寺となっています。設計は有名なロシアの建築家リ・ダノフによるもので、ビザンチンとアラビアンのスタイルを融合させた、5階建て、緑色の丸屋根と赤白の壁が特徴です。

サン・テティエンヌ教会

元々は正教会の駐屯教会であり、昔の人の回想によればここは音楽学校であったり、製造工場があったりした場所でもあった。現在はハバロフスク駅の北広場で建設され、北広場の建造物の一部となる予定である。元あった七つの塔の先端はもう取り壊され、折衷的な建物であり、レンガと木造構造を持つ。外壁には美しい壁画が残っている。前面には教会の孤児院があり、有名なモザイク壁画が保管され、色鮮やかである。