店舗探索。老道外華ロック料理街。

広く知られているように、老道外はハルビンの起源地であり、バロック建築で、道里区と南岗区の洋風建物のスタイルを模倣しながら、中国要素と建築技法を取り入れ、中華バロックスタイルを作り上げました-ヨーロッパ風の正面と中国風の中庭。 20世紀初頭に建設が始まり、多くの屋台の中で、特に有名なのは何年もの歴史を誇るビルのようないくつかの屋台です。 現在、ハルビンでは道外区の中心部にあります。

赤い川の肉まん屋さん

一番街の有名なのは80年代に紅江包子鋪で誕生した排骨鍋、溜肉鍋(大腸)です。二番街の張包鋪胡同にある老鍋烙も80年代の民間小馆で、特色は鍋烙(南方の生煎、北京の鍋貼、河北の煎包と共通点があります)、醤馬肉、醤牛肉です。

張包鋪

二道街の張包鋪はとても有名で、100年以上もの間、立ち上がることは本当に美味しいからでしょう。 6つの包子から始め、大小があり、骨付きや豆腐、エビフィリングなどがある。 一番有名なのは骨付き包子で、行列ができるほどです。1912年に創業した老范記三鮮餃子は、大変おいしいフルコースです。小炒めと壺酒がいろいろあります。これがハルビンの日常です。 80年代後半に始まったハルビン飯庄は最初は麺店でしたが、徐々に増えて老舗になりました。ただ、最近は昔ほどおいしくなく、以前ほど繁盛していません。 民国時代に始まった清真食堂の六合順もあります。

北三李氏の燻製ソース

三つ道路は最も古いグルメ通りであり、北三李氏の燻製肉、北山酒家の干しソーセージ、豚の脳を提供する老邵家、および美味しい新春のスナックなど、さまざまな燻製料理で有名です。

豊かな強い骨棒 (ほうかなつよいほねぼう)

四つ道路の富強大骨棒は1986年に創設されました。大骨棒、肥肠、白菜煮豆腐などの特色ある軽食があります。

正陽楼(せいようろう)

五道街の北側には老舗の「正陽楼」があり、常に行列ができています。風干しのソーセージ、松の実の入った小腸などが揃っています。