「ハルビンで最も美しい教会を見てください」

冬の雪の舞うハルビンは、独特の魅力があります。教会の深みのある緑色のドームと暗い赤色の壁は、雪の中で更に美しく優雅に見えます。ハルビンには、キリスト教、カトリック教、正教会、イスラム教など、さまざまな宗教の教会があります。一緒に見てみましょう!

赤い外壁、ユニークなタマネギの屋根、そしてバロック様式の塔は非常に特徴的です。
ハルビンのランドマーク的建物、聖ソフィア大聖堂は、1907年に建てられました。玉ねぎ型の大ドームは、最も目を引く特徴の一つであり、都市のシンボル的建物になっています。教会の機能を持たなくなったものの、夜景はより美しく魅力的になっています。 聖ソフィア大聖堂は、かつて極東地域最大の正教会であり、現在では中国で最も完全に保存されたビザンチン様式の建築物とされています。アート・ギャラリーとして改装され、約1000枚の写真や都市計画サンドボックスの展示により、ハルビンの歴史、現状、未来を反映しています。 広場の鳩と大型シリーズ音楽噴水は、教会前の広場に設置されており、ここでウエディングフォトを撮る人々が絶えず訪れ、美しい景観の一部となっています。
ドイツのルター派キリスト教教会は、ハルビンに住むドイツ人移民によって建てられた教会であり、ハルビンで最も大きなドイツ人移民のキリスト教教会でもありました。教会は尖ったアーチや傾斜した屋根で高さを強調し、暗赤色の厚い壁と翠緑色の屋根が鮮やかな色差を構成しています。
聖イヴィエル教会は、ハルビン市道里区にあり、もとはロシア帝国外部アムール軍管区の軍用東方教会でした。この教会は、イヴィエル聖母像に捧げられています。
聖母保護教会は、ハルビン唯一の宗教活動を回復した正教会で、1902年に建設され、最初は石造りの祈りの場で、信徒は主にウクライナ人で、ウクライナ教会と呼ばれていました。
タタルイスラム寺院は、ハルビンのイスラム教寺院の一つであり、トルコイスラム寺院とも呼ばれています。タタルイスラム寺院のスタイルは、ビザンチンの影響を受けたものであり、アラブの伝統的な文化的風格を継承しており、厳粛で落ち着いた宗教的な雰囲気を漂わせています。宗教建築が好きな方には見逃せない場所です。

フラン天主教教会

呼蘭天主教会堂は清光緒34年(1908年)に建設され、主要な建築物は35メートルの高さのフランス式の教会であり、青煉瓦と木構造で構成されており、濃厚なヨーロッパの建築美学を持っています。外観はフランスのパリのノートルダム寺院の教会建築と類似しています。
聖母安息教会は、ウスピンカヤ教会とも呼ばれ、1908年に建てられた、東方正教会で死者に祈る教会です。ロシア建築のスタイルであり、レンガと木材の構造を持っています。
現代的な教会で、内部は豪華で建築は比較的ヨーロッパ風で、写真に向いています。