初めてのハルビン旅行で、おすすめの観光スポットはありますか。

東北の人気観光地に深く入り込みたい場合、ハルビンは必ず立ち寄る中継点の一つです。しかし、それだけではありません。100年の歴史を持つ「中央大街」を散歩し、「ソフィア教会」で白鳩の鳴き声を聞いて、「氷と雪の世界」に身を置き、東北地方の代表的な名物料理を食べることができます。雪の村「亜布力」以外にも、ハルビンには立ち寄って楽しめる場所がたくさんあります。

ソフィア教会

始建于1907年の聖ソフィア大聖堂は、ハルビンのランドマーク的建物であり、緑色のオニオンドームが目を引きます。聖ソフィア大聖堂はかつて、極東地域で最大の正教会でしたが、現在では中国で保存状態が最も完全なビザンチン様式の建築です。アートギャラリーに改装され、近千枚の写真や都市計画模型を展示することで、ハルビンの歴史、現状、未来を反映しています。

氷雪の大世界

雪と氷の世界では、世界で最も高く、最も長く、最も大きな雪景色を楽しむことができます。毎回、新しいテーマがあります。また、世界的に有名な建築物やクラシックなカートゥーンのキャラクターもあり、ヨーロッパ風の歌とダンスのパフォーマンスも鑑賞できます。

太陽島

太陽島公園は、ハルビン市の松花江北岸に位置し、スターリン公園とは対岸にあり、避暑地として観光客に称されています。島には多くのヨーロッパ風の別荘が建ち、ロシア人の夏の避暑場所であり、これらの建物は緑豊かな森の中に小さく隠れています。ここは雪をテーマにした国内最大規模の冬のテーマパークであり、冬には雪の世界になります。

ロシア風の小さな町

ロシア風の小さな町は、氷都ハルビンの有名なサン島景観地帯の中心部に位置し、沿江の景観線に近接しています。この小さな町は、27のロシア風の別荘や家屋から構成されています。町全体は花や木々に囲まれ、バラバラに配置されており、それぞれが異なるスタイルを持ち、独自の自然の風景と建物の風景を形成しています。
ウォルガ農園は、ハルビン市香坊区成高子鎮アシ川沿いのハーチンロード16キロメートルに位置し、面積は60万平方メートル以上で、ロシア文化をテーマにした庭園であり、異国情緒に満ちた庭園です。
龍塔は、高さ336メートルの塔で、鋼塔中で世界第2位、アジア第1位に位置します。放送およびテレビ放送、観光、飲食、娯楽、広告伝播、環境気象監視、マイクロ波通信、無線通信が集約された総合的な多機能塔であり、東北のハルビンのシンボル的な建物です。龍塔は、国内外の観光客にとって必ず訪れる観光地となっています。

英杰温泉 (えいじえんせん)

宾县英雄風景区で温泉水脈が発見され、他の温泉と比べて英雄の温泉はフッ素を多く含み、骨や皮膚に非常に良いとされています。水温は52℃で、優れた寒地温泉の一種で、炭酸カルシウム泉に属します。周辺にある豊かな自然資源により、「山水の間で温泉につかる」仙境的な体験を提供することができます。

永泰世界 (エイタイセカイ)

永泰世界は異なる年齢層のゲストに向けて作られた夢の王国であり、大きな屋内の天窓の設計、テーマオリジナルのストリートビューがあり、四季折々の世界で無限の喜びを感じることができます。