聖都ラサ観光ガイド

他とは違ったラサの聖地の魅力を感じてみましょう!初めてのラサでは、必見のスポットがありますか?下に見てみましょう。

中国チベット自治区の首都ラサ市区の北西にあるマブリ山に位置し、世界で最も標高が高く、宮殿、城、寺院を集めた壮大な建造物であり、またチベットの大規模かつ完全な古代の宮殿建築群でもあります。
大昭寺は、チベット仏教の高度に敬意を表する場所であり、彼のチベット語の名前は「ジャオカン」であり、ポタラ宮と同等の重要な地位を持つものと見なされています。 この寺院は、松贊干布が文成公主のチベット入りを記念して建設した時期に建てられ、ラサ市の歴史と文化の象徴と見なされています。 最も注目すべき観光スポットは、文成公主が彼女の入りの際に持ち込んだ12歳の釈迦牟尼像などです。これがラサが「聖地」と呼ばれる理由の1つです。 観光客はまた、3階のテラスに登って、ポタラ宮の遠景と大昭寺広場を見ることができます。 毎年、チベット暦正月15日のバターの花の灯りの祭りや、チベット暦10月15日の吉祥天母祭りは、大昭寺と八廓街で最も活気のある時期です。
八角街は、ラサ市の老城区に位置し、大昭寺の周辺にあり、ラサの高民の回廊と商業中心であり、家庭用電気製品から生活器具まで、ありとあらゆるものが揃っています。伝統的な街並みや居住方法を保存しています。

ナム・コーせんそう

ナムツォ、ヤンジョヨンツォ、マパンヨンツォは、チベットの三大聖湖です。これらの湖はすべて聖湖であり、ナムツォは古代象雄仏法雍仲本教の神聖な湖とされ、有名な仏教の聖地の1つであり、また、テンゲリ湖とも呼ばれています。西チベットを訪れる旅行者には必見の観光スポットであり、美しい伝説もあります。「ナムツォは帝釈天の娘で、ノムドギャルの妻だった」というものです。ナムツォとノムドギャルは愛し合い、ナムツォはノムドギャル山を美しく浮かび上がらせました。

ヤンフー

羊湖はヤン・ゾロンツォの略称で、チベット語で「翡翠の湖」という意味であり、チベットの三大聖湖の1つで、コーラルのような見た目のため「上のコーラル湖」とも呼ばれています。羊湖はチベットの山南市浪卡子県にあり、ラサから南西に約70キロのところにあり、ナムツォ、マーパンヨンツォとともにチベットの三大聖湖の1つであり、ヒマラヤ山脈の北麓にある最大の湖で、湖の美しさはチベット南部において類を見ないものがあります。羊卓雍措の面積は675 km²で、湖面の標高は4,441メートルです。ラサから羊湖までは、標高5030メートルのガンパラ山口を越える必要があります。湖面は平静で、青みがかった翠色で、まるでチベット南部のブルージェムのようです。