タバコ通り会堂(ユダヤ教会), ヨーロッパ大陸最大の教会

Dohány utcai Zsinagóga
ブダペスト、Dohány u 2、1074 ハンガリー
建物の色調と装飾は控えめで派手ではない。
4.1

紹介

ブダペスト7区のタバコ通りシナゴーグは、ユーラシア大陸で最大のユダヤ教会であり、世界で2番目に大きく、ニューヨークのエマヌエルシナゴーグに次ぐ3,000人の座席があり、Neologユダヤ教の中心です。この建物は、1854年から1859年にかけてドイツの建築家ルートヴィヒ・フォスターの設計による、ムーア復興様式で、北アフリカとスペインのムーア建築を参考にしている。部分的な室内デザインはFrigyes Feszlの傑作です。 最初は住宅地域に建てられたため、タバコ通りシナゴーグの周りの建物群にはブダペストの歴史においても一席を占めています。シオドア・ヘルツルが生まれた建物は、現在シナゴーグの庭の一部として使われており、隣の建物にはユダヤ博物館があり、貴重なユダヤ宗教と歴史の文化財が展示されています。 タバコ通りシナゴーグの建物群には、大ユダヤ教会、英雄の神殿、墓地、そしてホロコースト記念館が含まれています。英雄の神殿には340席の座席があり、第一次世界大戦中に亡くなったユダヤ人兵士を記念するために建てられました。墓地には、作曲家フランツ・レハールや作家シャイ・アカドなど多くの有名なユダヤ人が埋葬されています。ホロコースト記念館は、ナチスによるユダヤ人大虐殺の歴史を完全に記録しており、私たちに歴史を重視し、平和を大切にするように提起しています。
住所
ブダペスト、Dohány u 2、1074 ハンガリー
営業時間
月曜〜木曜:午前9時〜午後5時<br /> 金曜:午前9時〜午後3時