東京の新しいグルメトレンド:つけ麺のおいしいお店を楽しむ。

最近、東京で流行している麺類は、つけ麺だそうです。際立ったつけ麺屋さんを見に行ってみましょう!

大勝軒

伝統的な味を守る百年老舗であり、「つけ麺の祖」と自称する。創業以来、店主はこだわりのつけダレの味を調節し、豚骨、鶏骨、魚骨のスープをベースに微妙なバランスを実現し、少しの酸味を加えて食欲をます。

めんや いっとう

ラーメンの名店である「一灯」のタレ麺もまた、随一である。この店の特色は、コクと具が豊富だということで、特濃魚介スープと特濃鶏肉スープがあり、東京の地元民に愛されています。店内には11席しかなく、待ち時間が戦いになることも。

つゆだく屋 安兵衛

野菜好きな女性にお勧め!日本に初めて来た友人は、日本人の日常的な食事、特にラーメンや定食などにおいて、野菜不足に衝撃を受けるでしょう。しかし、この店のスープは、多くの野菜を使用して煮込まれており、健康的で栄養価が高く、また、現在日本で最も流行している野菜系ダレ麺です!

六厘舍東京

麺は特製の極太麺で、非常に食感があります。スープは豚骨スープと魚介スープの配合で、直接飲んでも非常に鮮やかで、重すぎない味です。ピーク時には多くの人がいるため、名店に行く機会を逃さないようにしましょう!