ブダペストには8つの「高得点評価」の大市場があり、楽しい芸術的で散策にも最適です。

ハンガリーで生活すると、地元の人たちは大型スーパーマーケットに興味を示さず、小さな生活スーパー、野菜市場、肉屋、パン屋など小さな店舗を好む傾向があることがわかります。また、まとめ買いをする場合は、地元民は自分たちの地区の大型市場に行くことがより一般的です(場合によっては屋外または半屋外市場もあります)。

"Rákóczi広場の大市場"

ラーコーチ市場は現地のハンガリー人に「Market Nr. 2」とも呼ばれ、中央市場に続いて建設された有名な市場であり、混雑や忙しい取引、観光客の群衆はなく、むしろ静かでマイナーな雰囲気を漂わせています。人々はここを散策したり、買い物をしたりすることができ、菜市場であることを完全に忘れるでしょう!

フェヘールヴァーリ通りの大市場

フェーヘールヴァーリ通りの大市場は、ブダペストの有名なアリショッピングセンターの隣にあります。1階では各種野菜、緑黄色野菜、魚を販売していますが、最大の特徴は花です。この意味で、彼女をフェーヘールヴァーリフラワーマーケットと位置付けるのがより正確です。

ホールドストリートマーケット

この大市場はBelvárosi piacとも呼ばれ、第5区のアメリカ大使館の裏通りにあり、非常に貴重な場所で、食いしん坊にとっては見逃せない場所です。 一つ一つの屋台がここに並んでいます。あなたが普通の食事を解決しようとしているか、または口の中を楽しむことを期待しているか、または単に「散歩して疲れたけど、おいしい物を探してお腹を満たしたい」と考えている場合でも、ここであなたの要求に応えることができます。

レヘル大市場

Lehel市場に行く理由の主なポイントは3つあります。「地元のLángosパンケーキ、農産物、帆船のような童話的な形状」です。Lehel市場は、華僑によく知られた老舗市場で、行く人は基本的にはハンガリーの地元住民であり、その場所に向かう観光客はほとんどいません。ですので、「地元スタイルに従う」ためにも、地元の人のように行動して、最も地元らしい市場で野菜を買ってみてはいかがでしょうか!

Szimpla農産物市場

独特な露天の農産物市場であるSzimpla大市場には、多くの廃墟バー、カフェ、小さい食堂があり、多くの野菜農家もこの日に「出かける」ことがあります。