ブダペストの「千年祭り」ツアー

ブダペストの街を散歩すると、オーストリア=ハンガリー帝国時代に建てられた多くの壮大な歴史的建造物を見ることができます。もう少し詳しく調べれば、ほぼすべての重要な建物が1896年前後に建てられたことが分かるでしょう。これは偶然ではなく、ハンガリー人の「千年祭」に関係しています。

1896年、国家建設の1000周年を祝うため、ハンガリー人民は英雄広場を建設し、広場の中央に千年記念碑を建てました。千年記念碑の頂上には、イシュトヴァーン国王戴冠時の王冠を手にしたガブリエル天使が立ち、これはハンガリーがキリスト教国家となったことを象徴しています。碑文の下部には、896年にマジャル民族をここに定住させた7人の遊牧民族の指導者が馬に乗って描かれ、その先頭にいるのがアルバードです。広場の裏には、対称的な柱廊建築があり、14体の彫像があり、開国元勲から1848年の革命までの重要な国王、指導者、名士を代表しています。両側には美術館と現代美術館があり、訪れる価値があります。広場周辺もハンガリーの世界文化遺産の重要な一部です。広場の向かいにあるサンシャイン通りは、ブダペストでも有数のショッピングストリートであり、またヨーロッパ大陸で最初の地下鉄M1黄線が走っています。東側に位置する市民公園は、中世城塞のロマンチックな雰囲気を演出し、農業博物館を満喫できます。
国会議事堂はブダペストに位置し、ヨーロッパ大陸でも最大の国会議事堂の一つであり、ハンガリーで最も有名な建物の一つでもあります。オーストリア・ハンガリー帝国時代の建物の一つでもあります。この建物は有名な建築家、スタンデール・イムレによって設計され、691の部屋、ホール、会議室、27のドア、20キロ以上の階段を含んでいます。建築スタイルは新ゴシック様式であり、ハンガリーの民族的な様式を取り入れたものです。国会議事堂には、ハンガリーの歴史的な人物の肖像や彫刻、大きな壁画などが装飾されています。ドームホールは国会議事堂の主要な場所であり、重要な会議や祝典に利用されています。国会議事堂を訪れるには予約は必要ありませんが、大きな団体予約がある場合は個人の受け入れが一時停止される可能性があります。円滑な観光を確保するために、事前に予約することをお勧めします。
聖イシュトヴァン教会は、ハンガリーの首都ブダペストにあるカトリックの大聖堂で、ハンガリーの最初の国王、イシュトヴァン1世(975-1038)にちなんで名付けられています。ここには、イシュトヴァン王のミイラの右手が納められています。教会の建設は1851年に始まり、1905年に完成し、1949年に再建されました。教会は高さ96メートル、幅55メートル、長さ87.4メートルで、新古典主義の建築で、ギリシャ十字の平面を持っています。教会のファサードには2つの大きな鐘楼があります。南側の塔には、ハンガリー最大の9トン以上の鐘が収められています。第二次世界大戦中、以前の8トンの鐘は軍事目的で使用されました。現在、観光客はエレベーターに乗るか、364段の階段を登ってドームに到達し、360度のブダペストの景色を眺めることができます。

ブダペスト中央市場

非常にハンガリーの民族特色がある建物で、1897年に自由橋のペスト側に建てられました。今では有名な観光スポットになっていますが、未だにブダペストのおばあちゃんおじいちゃんたちが毎日食材を選ぶ「市場」です。ある都市を理解する最良の方法は、その都市の「食料品市場」から見始めることです。カメラを手に写真を撮っている観光客が多くいるにもかかわらず、ここで買い物をするおばあちゃんおじいちゃんたちは、日常的な様子で、まったく動じることなく、夕食の食材を選び続けています。
アンドラッシー通りは1872年に建設され、エリザベート広場と市立公園を結ぶブダペストの有名な並木道です。道路の両側には多くの美しい新文芸復興の宮殿や家屋があり、外観、階段、内部デザインが非常に美しいです。2002年、アンドラッシー通りは世界遺産に登録され、ブダペストの象徴的な観光スポットの一つになりました。
この大きな橋はドナウ川に位置し、ペシュトとブダ市中心の東南部を結んでいます。 それらの両端は、ゲーレット広場であり、ゲーレット浴場やホテルを持っており、またフェーヴァーム広場であり、近くのブダペスト経済大学や市場ホールに近接しています。 この橋は1894年から1896年にかけて建設され、当時最も美しいトラス橋のデザインを採用し、長さは333.6メートル、幅は20.1メートルです。 橋の柱の上には、4つの古代ハンガリー神話のターフル像が飾られており、これらの像はハンターファルコンを代表しています。 皇帝フランツ・ヨーゼフ1世は開会式に出席し、最後の銀製リベットを自ら取り付けました。 その後、最初はこの皇帝の名前で呼ばれていました。
1895年に建設され、当時の文人墨客たちに最も愛されたカフェです。これは、私が見た中で最も豪華なカフェであり、内装が宮殿のように美しく装飾されています。我々一般庶民も王室の気分を味わうことができます。カフェの料理が高すぎると感じた場合は、この金色に輝く「宮殿」で簡単なアフタヌーンティーを楽しむことができます。