3つの精巧な小さな町、3種類の異なる東欧の雰囲気。

ドナウ川(Danube)はヨーロッパの十数カ国を流れ、ハンガリーも含まれ、景色は豊かで、多くの美しい魅力的な小さな町が観光客たちを待っています。

エステルゴム

エステルゴムは美しい古都で、ドナウ川湾の丘の上に位置し、スロバキアと向かい合っています。この小さな町は、ハンガリーの歴史上非常に重要で、ハンガリーの首都でありカトリックの中心地でもありました。ガイドによると、聖エステルゴムは全民をカトリックに信仰させ、西欧諸国の支援を得て、ハンガリーの発展の基盤を築きました。聖エステルゴムはまた、ハンガリーの最初の国王でもありました。エステルゴムは居心地の良い魅力を放ち、絶対に一度は訪れる価値があります。

ヴィシェグラード

ハンガリーのドナウ川に位置するセンテンドレは歴史と芸術を巧みに融合した小さな町です。ブダペストからわずか20キロ離れているにもかかわらず、まったく異なる雰囲気を醸し出しています。ここでは、数えきれない美術館、芸術家のアトリエ、そして記念博物館を見学することができます。また、古い町並みを散策して地元の文化を感じることもできます。スカルノ小鎮は特色ある展示や音楽イベントでも知られています。この魅力溢れる小さな町は、一日をかけて訪れる価値があります。

セントアンドリュース(さんたんたん)

セントアンドレアは、ハンガリーの芸術的な小さな町であり、有名な観光地です。ここにある家は地中海の風情で、色彩が豊かです。街を歩いていると、古いヨーロッパ風の建物やセルビアの古い家が並び、現在は独特の特色を持つ店やカフェになっています。セントアンドレアは、ハンガリーの芸術家たちの集まる場所であり、ルネサンスの発祥地でもあると言われています。セントアンドレアは「山丹丹」という中国語にとても似ているため、中国の観光客もこの名前で呼びます。芸術的な雰囲気が好きなら、セントアンドレアは訪れる価値がある場所です。