ハンガリーアイ-ブダペスト

ブダペストは、ドナウ川の両岸に位置する都市で、ブダの旧市街とペストの新市街で構成されています。この街全体の建築と装飾は、古典的な美しさと精巧さを漂わせています。同時に、ブダペストの建物と景観は鮮やかで、欧州の大都市のファッション感覚を持ち、ハンガリー固有の魅力も兼ね備えています。そのため、「ドナウ川の宝石」とも称されています。ブダペストは多くの観光客を惹きつけるだけでなく、欧州で最も人気のある観光地の1つにもなっています。

ハンガリー議会大厦

議会議事堂はドナウ川沿いにある建物で、ハンガリーの象徴的なランドマークの一つです。この議事堂の建設は17年の歳月をかけて行われ、ハンガリー人の誇りです。メインフロアは黄金40キログラムを使用して装飾され、ハンガリーの有名な芸術家によるドームの絵画が描かれています。建物内のドームホールには、ハンガリーの国宝である聖ステファン王冠が収蔵されています。議場はヨーロッパで2番目に大きな議場であり、厳粛な演劇の殿堂のようなものです。

マガシ聖堂

マーチャーシュ教会は、ハンガリーの首都ブダペストに位置し、700年の歴史を持つ歴史的な教会です。この教会は、シシー皇后の戴冠の場所でもあり、非常に有名です。教会の建築様式は、ローマ・カトリックに基づいていますが、後にトルコの侵攻後、イスラム教の彩色装飾が加えられました。教会内の装飾は非常に華麗であり、美しい壁画やステンドグラス、そして豪華なドームなどがあります。また、教会内には多くの貴重な古代遺物や彫刻が所蔵されています。観光客は2階と3階に上がり、教会の大ホールや王室の生活展示を見ることができます。そして、教会の隣にある鐘楼に登ることもでき、ブダペスト市内の美しい景色を楽しむことができます。

セチニー鎖橋

セチェーニ鎖橋はドナウ川に架かり、ブダペストとペストを結び、ブダペスト9つの橋の中で最も古く、この都市の象徴として知られている。観光客にとっては、歩いて5分で橋を近くで見ることができ、古風な鉄構造物や遠くに自由の女神像を見ることができます。夜には、クルーズ船に乗って橋を渡って、独特の夜景を楽しむことができます。

センテンドレ(Szentendre)

セント・アンドリュースの小町はドナウ川沿いに位置しており、伝統的なヨーロッパスタイルを保持することから、アーティストたちの集まる場所となっています。古い曲がりくねった小道を歩くと、アートギャラリーや手工芸品の展示を見ることができ、一部の路地はアートテーマに従ってレイアウトされています。ここには多くのユニークな記念品があり、アーティストの作品やハンガリーの伝統的な青染道具、さまざまな手作りの装飾品を購入することができます。