手描きパリ、芸術に熱狂する人々が行くべき美術館。

パリに来ると、アート専門家であろうとなかろうと、この街の濃厚なアートの雰囲気を感じることができます。"アートの都"として、パリには多くの有名な美術館やアート館があり、美しい都市をさらに文化的にします。多くの芸術家がここで生活した過去と現在、パリの魅力は強い芸術的な雰囲気を放っています。パリを満喫し、市内の多くの美術館を探索する機会を逃してはいけません。

オレンジ園美術館

いつ訪れても多くの人が来場しているが、美術館の一面に描かれたスイレンは目を引く素晴らしい作品であり、確かに列に並んで鑑賞する価値がある。また、美術館では不定期に展覧会が開催される。有効な学生証を持っているヨーロッパの学生は無料で入場できる。5月には博物館の夜には、美術館が無料でオープンするため、この機会を逃さないように。

マモダン美術館

美術館では、印象派やバビ松派、ポスト印象派などのさまざまなスタイルの作品を鑑賞することができます。個人的には、モネの作品が一番好きで、彼の傑作が1階全体に展示されています。また、2階にはモリゾの作品が展示されています。さらに、美術館には解説マニュアルも備えられており、作品ごとに深く理解するのを助けてくれます。

ロダン美術館

ロダン美術館(Musée Rodin)は、パリの第7区にあり、世界でも最も重要な彫刻美術館の一つです。この美術館には、フランスの彫刻家オーギュスト・ロダンの作品が収蔵されており、有名な彫刻作品である「考える人」、「バルザック」などが含まれています。ここでは、ロダンが創作したいくつかのクラシックな彫刻を鑑賞することができます。同時に、彼の最後の滞在地であったパリのアトリエを訪れることもできます。この美術館には美しい庭園もあり、多くのロダンの彫刻作品が展示されています。アート愛好家であれば、ロダン美術館の訪問をお見逃しなく。

ドラクロワ美術館

19世紀のロマン主義画家、Eugène Delacroixの晩年の作品室で、彼の個人作品が展示されています。現在、この美術館はルーヴル美術館に管理されているため、1日でこの美術館とルーヴル美術館を訪れる場合は、セットチケットを購入することができ、割引が受けられます。割引を受けるためには、チケット購入時にセットチケットオプションを確認してください。

国立中世博物館

この博物館の建築物は非常に古く、パリで唯一残っている1世紀のローマ時代の建築物の1つです。内部に展示されている品物も中世のものばかりで、まるで時空を超えた旅をするようです!ここでは、パリの教会修復に使用されていた彫刻が見ることができます。古典的なスタイルが好きな方には、この博物館は見逃せません!