雪野の花火ショー、瞬時に新潟の夜空を点灯しました。

新潟県と言えば、自然にスキーや温泉、お米、清酒などが思い浮かびます。これらすべてが新潟の代表的なものです。しかし、冬に新潟を旅するとき、スキーは唯一の選択肢ではありません。地元で花火大会が開かれ、雪原が彩られ、夜空が美しく装飾されると、その驚きは本当に見る価値があります。

New Greenpiaリゾート:孔明灯と冬の花火ダンス

毎年冬季、新潟県にあるNew Greenpiaリゾートで、3月31日まで提灯イベントが開催されます。3月11日を除く毎週土曜日には花火ショーもあり、雪の野に灯が輝き、より美しくなります。提灯と冬の花火の組み合わせは、雪野の特別な光景です。

長岡花火のウィンターファンタジー

長岡の花火のウィンター・ファンタジーは、日本の新潟県で行われる冬の花火祭りの一つであり、毎年12月末から来年の3月まで開催され、数多くの観光客を魅了しています。 驚くべき表演が3回開催され、1,500発の花火が夜空に美しく舞う姿は幻想的な光景を創り上げます。また、グルメブースもあり、地元の特産品や温かい飲み物を楽しむことができ、より一層素晴らしい体験をすることができます。

長岡雪SHIKA祭

長岡雪SHIKA祭は、日本の新潟県南魚沼市長岡地区で行われる冬の盛会です。近百年前にまで遡る歴史を持ち、地域の重要な冬季文化イベントのひとつとなっています。お祭り期間中、居住者たちは屋外にさまざまな彩色灯、竹架、および大型彫刻を飾り、これらの彫刻は生き生きと鹿のような姿をしています。そして、特別なチームが20分間にわたり雪の上で花火を打ち上げ、感動的な美しい光景を作り出します。

越後川口の雪洞りぼん祭り

越後川口の雪洞ホタル祭りは、魅惑的な花火と壮大な雪洞で有名な祭りです。毎年2月中旬、地元の住民は地域の積雪から異なるサイズの雪洞を掘り出し、内部に蚊帳を点灯して微かな光を放ち、とけた雪の後に現れるホタルを引き付け、神秘的な景観を作り出します。また、祭りでは花火ショー、飲食、民俗舞踊、音楽演奏など多様な活動があります。越後川口の雪洞ホタル祭りは、冬の冷たさと美しさを感じることができる特別な観光スポットであり、日本文化や歴史を紹介する絶好の場所でもあります。

塩沢雪化祭り

塩沢ゆきふね祭りは非常に特別な冬の祭りであり、江戸時代の有名な文学者、鈴木牧之を記念することを目的としています。彼が編纂した「北越雪譜」は、塩沢地域の伝統的な生産や文化、織物、雪国生活や文化を記録しています。この祭りは雪の中で行われ、観光客は地元の歴史や文化を深く理解することができ、美しいホタルの観察や見事な花火のパフォーマンスも楽しむことができます。また、観光客は美味しい食べ物や特産品を味わうことができ、日本の冬の独特の美しさと魅力を感じることができます。

ランプの廊下

新潟県上越市の安塚区、大島区、浦川原区、牧区、高土地区、名立区の街路沿いで、毎年約10万本のキャンドルを点灯する壮大なイベントが開催されます。この美しいイベントでは、子供から老人までのすべての住民が、彼らの願いを各キャンドルに集約します。訪れた観光客は静かな雪の世界の中で暖かさを味わうことができ、当日は異なる場所でさまざまな大きさの雪像が作られ、地元風味の食べ物を味わうことができる食品ブースもあります。