蘇州に来たら、麺を食べないと!蘇州で行くべき麺屋を紹介します!

蘇州風味の麺は、蘇州の人々にとって独特で置き換えができないものだと考えられています。その理由は、蘇州の麺が本当に特別だからです。そのため、今回は蘇州に行く際に必ず立ち寄ってほしい麺屋をいくつか紹介します。蘇州に来たら必ず食べてほしいです。

ともに喜びを得る

ここでの麺は、蘇州で非常に有名であり、『食べる中国』にも収録されています。ここの楓鎮大麺のスープは、最も特徴的なものの一つと言えるでしょう。是非一度味わってみてください。

裕興記ラーメン店

ここで提供されるエビ麺は、最も有名な麺の1つと言えます。季節性が非常に強く、通常1か月以上の時間しかありません。通常は数量限定で提供され、遅れると手に入らなくなります。

旧街の麺屋

蟹粉を使った点心の中のエルメス的存在。蟹粉の付いたフロッグビクトリア面と蟹粉を使った魚唇面以外は、どれも非常に美味しいです。八宝辣酱、白什盤、素鶏排、焼肉などをお勧めします。

キョンリン閣メンショウ

言わずと知れた、ここの秘伝の肉入り麺はかなり特徴的で、赤いスープと合わせるのが最高です。

万福兴 -> ワンフークシン (Wanfūkushin)

ここの炒め麺は、竹笋または笋留分けを細かく刻んで、挽肉、キノコ、エビを炒め、山野菜の甘み、肉料理の香り、海産物の塩気がこのトッピングに溶け込んで、独特の鮮やかな味になっています。

大学三年生の魚のスープ麺

魚のスープ麺は、その名の通り魚で煮たスープで作られた麺で、非常に美味しく、自由にトッピングすることができます。私たちの店に来ることの鍵は、そのボウルにあります。大三鮮の面には、魚の鮮やかな金スープ、魚の鮮やかな銀スープ、酸っぱいキムチ魚スープの3種類あり、トッピングは基本的に麺屋にあります。味も多くの蘇州風麺とは異なり、一度試してみる価値があります。