歴史文化の名城-河南省安陽市の人気観光地をお勧めします(上)

安陽は華夏文明の中心の一つとして、国家の歴史文化名城です。古代には、顓頊、帝喫二帝が帝丘と亳で都を建て、ここに葬られました(共に内黄県梁庄郷)。1300年、商王盤庚が殷(現在の安陽市中心部の小屯付近)に移った後、8代12王を伝え、255年にわたりました。三国、二晋、南北朝時代には、曹魏、後趙、冉魏、前燕、東魏、北齊などの六朝が次々とここに都を建設し、七朝の古都と呼ばれました。現在でも、市内と各県に多くの文化財が残っています。

中国文字博物館は、文字の収集と展示に専念した世界初の博物館です。建物のデザインはモダンで現代的であり、殷商様式の要素も取り入れられており、目を楽しませています。博物館の所蔵品は4000点以上あり、甲骨文、金文など様々な分野をカバーしており、文字の萌芽から五筆入力までの発展の完全な歴史を記録しています。博物館の正面には、独創的な2羽の金色の玄鳥がいます。主館の金色の屋根には、殷商宮殿建築の特色が彫刻されています。主館への道の両側には、28枚の代表的な青銅甲骨片が展示された碑林があり、中国の輝かしい文字文化が示されています。安陽は、中国の8大古都の1つであり、甲骨文の発祥地でもあります。ここに来たら、北京市外に建てられた唯一の国家級博物館を見逃さないようにしてください。きっと多くの収穫があると信じています。

岳飛廟 (Gakuhi Byō)

汤陰は岳飛の故郷であり、岳飛廟の建設年代は明らかにされていない。現在の場所は明代に再建され、歴代に何度か修復および増築が行われています。現在の岳飛廟は9つの進入庭園であり、明清時代の建築群を完全に保存しています。
俗称袁世凯墓或袁公林,是中国民国大总统袁世凯以及其夫人于氏的陵墓。1952年,毛泽东来到安阳市北关区胜利路上这里时,指示把这个地方留作反面教材。陵墓占地139亩,建筑风格中西合璧。其版图以神道为中轴,南北向绵延约两公里。目前,其建筑形式基本上保持完好。此处于2013年被列为全国第七批重点文物保护单位。

羑里城遺跡

龍山文化から商周時代の文化遺産は、世界で初めての文字記録のある国の監獄であり、周文王姬昌が商紂王に囚われた場所でもあり、周易文化の発祥地でもあります。清乾隆時代の嘉靖皇帝と清乾隆皇帝は、周文王を慰霊するためにここを訪れました。現存する城子城遺跡は、地面から約10フィート高い土台で、遺跡公園が建設されています。公園内には緑が茂り、緑が茂っています。

天寧寺の塔

この塔には三つの驚異があります。まず、上部が大きく、下部が小さく、構造がユニークで、中国に現存する古代の塔群の中で独自の存在です。第一層の塔は高く、窓や柱などに浮彫りの盘龍、二龍戯珠、花草、巻雲などの模様があります。各層の屋根の柱の下には仏像、仏陀の物語などの浮雕画があります。第二に、上には塔子があり、小さい塔子は塔の頂上にあります。塔の頂上のプラットフォームには、約10メートルの高さのラマタワーがあり、塔刹として使用されます。三つ目は、塔の八角形に美しいレンガの彫刻があり、すべての仏陀が無比の慈悲に満ちています。趙朴初氏は1977年にこの塔に登り、「多彩な彫刻」に驚嘆しました!