パリのカルチャーに迫る名所

パリは浪漫的な景色、美術品、精巧な食べ物以外にも、知られていない神秘的な場所があります。もしパリの別の面を体験したい場合は、これらの場所を探索してみてください。

狡兎の家Au Lapin Agile

「狡猾なウサギの家」は最初「殺人犯歌舞場」と呼ばれ、オーナーが騒々しい人々を抑制するために名付けた(ある説ではオーナーの息子が暗殺者に殺されたため)。そして刃物が玄関に刺さっていました。ここは多くの名前を知らない芸術家たちの集まる場所でした。ピカソも「狡猾なウサギの家」で作品「在狡兔之家」を「抵当に」として使ったことがあります。今日の「狡猾なウサギの家」には毎夜様々なパフォーマンスがあります。」

吸血鬼博物館-ヴァンパイアミュージアム

創業者ジャック・シルジャンは英語の先生であり、同時に「恐ろしい生物」の専門家でもあります。彼が設立した「吸血鬼と伝説の生物博物館」の展示品は、彼が収集した「貴重な宝物」であり、それらは吸血鬼や伝説の生物に関するもので、例えば「吸血鬼防止の仮面、十字弓、ミイラ化した猫」などです。
パリ古刑務所はティエス島にあり、フランス革命の際に君主制が倒れ、革命裁判所がここに置かれました。この古典的な建物は政治犯や一般犯罪者を収容する主要な刑務所に変わりました。ここには特別な牢獄があり、訪問者は黒のベールをかぶった神秘的な女性、フランス最後の王妃マリー・アントワネットを顔を壁に向けて祈っている姿を見ることができます。

ニコラ・ルメの家

ハリーポッターのファンの皆さんは、ニコ・ルフェという名前を聞いたことがあるかもしれません。彼は本の中で魔法の石を作った人物です。そして実際にも彼の存在が確認されており、彼は14世紀のフランスに生きていました。彼は錬金術を使いこなしていたと言われており、また彼は永遠の命を手に入れたとも言われています。そして、この石造りの家は彼自身によって建てられ、パリで最も古い石造りの家です。