パリのワインセラー:ワインを正しく開ける方法

世界のトップ10の酒好きな国で、中国とフランスが上位にランクインしています。中国人は白酒を愛し、フランス人はぶどう酒を誇りにしています。多くの家庭は、美味しいワインを貯蔵するために専用の酒庫を備えています。友人と乾杯するなら、ワインセラーは良い選択です。

このシャンゼリゼ通りに近いバーは、地下の酒窖の雰囲気を保っており、内装には石が使われているため非常に古風で時代を感じます。装飾は普通に見えますが、ワインやチーズは素晴らしく、Charcuterieも加えると味覚の最高の楽しみになります。

セプティーム・ラ・カーブ

Septimeの2人の主シェフ、Bertrand GrébautとThéo Pourriatは、レストランの角に酒バーを開設し、現在のSeptime la caveになりました。スペースは小さく、貴重品がたくさんあり、90種類以上のワインを味わうことができます。空のボトルを見ると、それだけ人気があることがわかります。

レ・カヴ・ポピュレール

ワインレッドのモザイクが賑やかな小さなバーの扉を飾り、客への熱意を表現しています。カクテルやビール、ワインをはじめとした飲み物や食べ物が豊富に揃っています。常連客がここに滞在する一方で、新しい顧客も訪れ、このバーの雰囲気はさらに活力にあふれ、近所でも人気のある場所になっています。

38 Riv 38 リヴ

静かにジャズを聴きたいときは、38 Riv'はあなたを失望させません。ここでは、古典音楽コンサートや演劇ダンスパフォーマンスなどが頻繁に行われています。この13世紀に建てられた小さなワインセラーは、40〜50人しか収容することができませんので、早めに来てくださいね。

ディレッタントのシャンパンの洞窟

シャンパン愛好家であれば、正しい場所に来たと言えます!それはパリ市内に位置し、高品質のシャンパンを求める消費者の好みに応えます。限定版のシャンパンの中には、無名の醸造所から来るものもあり、Dilettantesの専門ディスティラーによって紹介され、シャンパン愛好家に知られるようになることがあります。