南京に来たら必ず鴨を食べなければならないと聞きましたが、どこで食べるのがいいですか?

南京に来たら、鴨料理を食べないわけにはいかないでしょう!北京のローストダックとは異なり、南京のローストダックは湖鴨で、皮が薄く脂肪が少ないです。そして、美味しい南京のローストダックは、老城区の小さな路地に隠れています。では、どこで食べるのが一番良いのでしょうか?

金洪興のアヒル店

金宏興の鴨店は有名な小吃街の明瓦廊にあり、いつ行っても並ばなければならない。「ネットの人気者」と呼ばれているが、近所の人々が必ず行く店である。

叶新の軽食屋

鴨の血のそうめんスープは南京に来ると必ず行かなければならない場所です。南京には鴨の血のそうめんスープのチェーン店がたくさんありますが、小さな路地にある店には最も特別な味があります。葉新小吃は、このような小さな路地にある店のひとつです。基本的なそうめんスープには、ヤケムキ、鴨の血、鴨の肝臓が入っています。7元という手頃な値段で、鴨の心臓と鴨の脚を別途注文することもできます。

友情の歳月を燃やすバーベキュー。

鴨を食べると言えば、南京では一つ注目すべき焼き物があります - 焼き鴨舌です。ただ、焼き鴨舌を作る焼き肉店は多くありませんが、すべてが人気があります。値段は安くないですが、まだ人気があります。このフレンドシップ年代焼肉屋は地元で非常に有名で、試してみてください。