肉好きの人必見!ハルビンのトップレストランへ!

零度以下のハルビンの街を散歩した後、寒さで震えていませんか?その時は、エネルギーを補充するためにおいしいお肉が必要です:ビッグボーン、煮込み魚、またはスモーク肉など、寒さを和らげ、味覚を満足させてくれます。

モーモーベーコン東北料理

これは中央大街沿いにあるリーズナブルで美味しい家庭料理の店で、店内は清潔で店員のサービスも熱心です。この店のスモーク肉は本格的で、肉質が柔らかく、弾力のある大きなパンケーキと一緒に食べるととても美味しいです。鍋バラ肉とラーピンも本格的な味ですが、料理のサイズがやや大きめでコストパフォーマンスが高いです。

商工会の赤いソーセージ

商委紅ソーセージはハルビンで一番おいしいソーセージの一つで、独特の味と濃厚なにんにく味が特徴です。前店後工場の経営モデルを採用しており、店舗は一つだけです。最新鮮な味を保証するため、毎日限定で作られており、朝6時には長い列ができています。午後には既に売り切れてしまうため、食べたい人は早めに並ぶ必要があります。

ろくさんは豚を殺す菜を作ります。

ハルビンには有名なレストランがたくさんあります。ここでの殺豚料理は一級品で、東北の味にとても合っています。また、スープに茸を使った「小鳥煮茸」、豚肉の揚げ物である「鍋包肉」など、地元の伝統的な料理もあります。大きな料理が出るので、一階のロビーでは夜に二人転やロシアの歌やダンスのパフォーマンスが行われ、非常ににぎわっています。

薛家の一品醤油骨。

最初は官庁の食堂で、看板の骨付き肉のタレがたっぷりで味が染み込んでいます。

呉記醤骨シチュー店(西大直街店)

人気の高い東北料理屋さんで、ハルビンで人気のある一軒です。看板メニューの骨棒はとても美味しく、粘りがあり、旨味があるので、骨髄を無駄にしないように注意してください。さらに、じゃがいもの泥は、肉のスープと一体化しており、とても濃厚な味わいがあります。それに加えて、ここの鉄鍋の肉、ブラッドソーセージ、豚の料理も地元風でとても本格的で、店内の雰囲気と価格も満足できます。

百一大地鍋(鴻翔路新店)

鉄鍋で煮込み料理を中心としており、座席はすべて炕で、非常に特徴的です。

多くの飛行機老人たちが東北鍋を煮ています(愛建店)

料理の味は正統でボリュームも大きく、コストパフォーマンスが非常に高いです。