杭州の老舗は、朝ごはんの味が通り一杯になっている。

蘇杭の美しさは、美食と美食だけで魅力を感じることができます。1度でも味わってみないことは絶対に後悔するでしょう。この攻略は、食いしん坊たちがたくさん保存することをお勧めします。

揚げ油条と豆乳

揚げたての揚げパンは、きらめくような金色に焼きあがり、ぱりっとした食感がたまらない。ホカホカのうちに一口食べると、しっかりとした食感を感じられる。炒め餅は、正方形の形をしており、真ん中にはぴったりと揚げパンが挟まっています。外側はカリッとしており、中にはふんわりとした風味が広がります。作りたてが一番おいしいので、持ち帰ってからは、もっちりとした味わいとなります。

菊英面 - 馆片儿川:キクエイメン - カンピャンルチュアン

江湖では杭州一の「片儿川」と呼ばれています。この店は「舌尖上的中国」の第二シーズンに出演しました。タケノコ、雪菜、肉片、それが「片儿川」の古い三種類で、使用される食材は非常に新鮮です。私は特に、きのこと油渣を追加するのが好きです!スープは特に美味しいです。

ハオミー生焼き——ネギの入った焼き小籠包混ぜる。

地道な生煎餅は宝美のようになるべく小さく、たっぷりとネギが香るもので、皮は少しだけ厚みがあり、それでも非常に柔らかいものでなければなりません。

景芳の周さんの焼売-肉と冬筍の焼売。

杭州の十大野食がネットで広まっている。焼き小籠包は杭州の半分を炒めた。皮は薄くて透明だが壊れない。肉は美味しくてジューシーで、竹筍はサクサクとジューシーで、口に入れると大好きです。エビしゅうまいやシイタケしゅうまいもすごくいいよ!

奎元館 - エビとうなぎの炒めそば

「江南の麺王」と言えば、通行人は遠くを指し「奎元館」を指します。奎元館の麺は、150種類以上の色と品種があります。スープは肉の骨から作られ、麺は筋があるように噛むと糊状ではなく、淡い緑色のねぎを足して、香り高く爽やかです。美味しく食べられます。