杭州の麺屋のコレクション。

杭州の人々が麺に対する愛情は、私が子供の頃にはまったく理解できなかったものです。南部の人たちなのに、麺を主食として食べることがよくありました。朝昼晩、どの食事にも麺が欠かせなく、暑い夏でも熱々の麺愛を放棄することはありませんでした。

ファン・ラオダ・ミェンケン

ファン老大のトマトソースと重なるチワンは、単純なトマト炒め卵と麺ですが、とても美味しいです。

奎元館

杭城の老舗麺屋は、清同治六年(1867年)から約150年の歴史を持ち、数多くの有名人を迎え、賞状は壁一面に貼られている。「三碗二碗碗碗如意、万条千条条条順心」という言葉があるように、江南麺王は天下に名を馳せており、有名な店はすぐに変わってしまうが、奎元館は本物のところだ。エビ炒め麺は、杭州の麺の中でも高級品である。新鮮な河エビとサンマの卵を選ぶのは麺屋にとっても大変な課題である。これは杭州の麺の特徴である。一方、牛肉麺や羊肉麺などは、古い杭州の麺の専門ではないかもしれない。

菊英麺店

菊英の片儿川は、「舌尖」に出演したことがあり、非常に有名です。多くのおばあちゃんがいます。多くの面店の片儿川と比較すると、スープは比較的クリアです。(杭州の面はやはり少し油っぽいため)。

犬の麺屋

この麺屋の値段は比較的リーズナブルで、特色もはっきりしています。ホルモンと腰花の太巻きはどちらも試す価値があります。小犬ラーメンの最も人気のあるものは太巻きで、作り方も伝統的で、熱い油、炒めた肉、豆芽、香干、ニラを入れて、最後に調味料を加えて、麺を一緒に炒めて出来上がりです。

德鸿面店

三鮮豆腐と熱乾麺をお勧めします。

栄鮮麺屋

竹の子干しキノコ麺またはブラックフィッシュ麺を試してみることができます。この麺は特色があると言えます。

慧娟麺店

この麺屋は28年も経っていますが、個人的には適当に食べるにはまあまあです。少し油っぽいと感じることもあります。特徴はあまり際立っていませんが、普通の麺屋よりも安心感があります。

いい麺屋。

値段は公正なもので、普通の麺に加えて臭豆腐や鶏足もあり、鶏足は試してみるのがいいです。お店の場所はとても良く、運河が見えて比較的美しいです。静かに麺を食べることができる環境を持つ面店はあまりないので、他の老舗面店と比較して、自然な優位性を持っています。麺自体については、具が多く、小排面、爆鱶面がお店の特徴です。