台湾必食リストが正真正銘のローツーファンを食べるようにあなたを連れて行きます。

ルーローファン、南部ではルーロウファンとも呼ばれ、原料には通常豚肉の角切り、卵、しいたけ、玉ねぎなどが含まれています。適度に脂肪のある肉は醤油でゆっくり煮てご飯の上にかけ、見た目も美しく美味しいです。味は少しだけ甘くて軽いです。正統な台湾スタイルのルーローファンには、漬物も付いてきます。美味しい豚肉と豚皮のかけらをスープに加えて火力を強めて煮込み、脂肪分が高くても低くても、台湾のルーローファンは国民的な軽食であり、台湾人が子供のころから食べている美味しい食べ物の一つです。このおいしい味は台湾人だけでなく、台湾に旅行に来る観光客たちも愛しています。ただし、ここで紹介するルーローファンは観光スポットの近くにはありませんが、多くの観光テレビ番組が紹介する人気店です。

アイワザイ チョイロウ メシ

本物の台湾の一般的な軽食を味わいたいのに、列に並ばなければならないとは!そうです、北投駅にあるこの老舗店舗では、待ち行列ができる~アイツァイチャイルーロウロウファンは北投市場の中に隠れているので、場所が比較的難しいですが、地元では誰もが知っているほどの知名度があるので、市場に入って口頭で尋ねるだけで、すぐにアイツァイチャイルーロウロウファンを見つけることができるでしょう!店は小さく見えますが、これは地元のルーロウロウファンを紹介する各種の美食番組でも紹介されたお店です!
金仙の魯肉飯、この店はかなりの歴史があり、中国の新しいラップのコーチである潘玮柏が大絶賛した金仙の魯肉飯は、多くのグルメが称賛する店内のエビロール、豚骨は伝統的な古風味です。 店内の広さは比較的広く、ただ正食の時間には多くの人がいる。 たっぷりの肥肉は金仙の魯肉飯の特徴の1つで、香りの醤油でグルメには誘惑が抵抗できなくなります。 1つの歯の下に噛むたびに、油脂部分は十分な時間の醤油で完全に溶け、白米を添えていただくと後味がある口当たりがあります。
この店は有名な旅行番組「食べ遊び家」でも何度も報道された老舗で、何十年もの間、小さな路地に隠れていますが、店自体は非常に小さくても、客足は減ることはありません。共同テーブルで食事することもよくあり、店内の壁には多くの芸能人と店のオーナーの写真が掛かっています。施家のローストポークライスは、伝統的なもので、肥育されたローストポークがたっぷりと盛られた白いご飯に肉汁がかかっています。油っぽいローストポークは香りをよく保ち、漬け物と一緒に食べると止まらなくなります。
この店は食事の時間に行列ができる人気店の1つであり、注文してから席を探す必要があります。この有名店に来るグルメたちは増え続け、テーブルをめくる頻度も高くなっています。特にこの店の大盛りの豚肉飯は、やや脂っこくて味付けも良く、店主がたっぷりと豚肉を盛り付けてくれます。口に入れるとジューシーで、白米とともに溶け合うような食感が楽しめます。卤白菜は、必ず注文する小料理で、キャベツはゆっくり煮込まれ、小エビのアクセントで甘味を引き立て、卤汁を吸収しながら重たくなく仕上がっています。さらにこの店のスペシャルな豚骨スープは約11元ほどで、苦瓜と豚骨を合わせたスープが一杯楽しめます。たくさんのエキスが詰まった一瓮瓮のスープは、たった50元のコイン価格で楽しめるので、コスパが非常に高いです。