札幌の地元の人の秘密の小さな高級レストラン

すでに人気のあるレストランに行って、店内は現地の人よりも観光客が多かった。次の食事はもっと特別なところに変えようか?札幌の地元民が彼らの秘蔵の小さな高級レストランを紹介してくれるのを待っています!

インターナショナルワインバー・ロマネイ

IWBは1989年にオープンし、店内に4人のソムリエが常駐しています。定番のセットメニューに加えて、季節の食材を使った特別コースも毎月提供されており、料理に合わせたシャンパンやワインなどをお客様におすすめしています。

北海道の割烹 うさぎと亀

北海道の特色割烹を試したい場合、この名前が面白い兔与龟をお勧めします。北海道の季節の特色の魚介類や野菜を使用しているため、食材が新鮮で、料理の味付けは比較的薄く、食べ物本来の味が強調されています。

未枝田

この日本料理の有名店の店主は、ミシュラン1つ星受賞者であり、和食料理人である三枝展正(Mieda Nobumasa)です。店主自身が選んだ、国内外からの最高品質の食材を使用し、伝統に則った創造的な改良を行い、日本料理の新しいレベルを築いています。

北海道産の羊肉

北海道には、「北海道産羊肉」専門店がわずか1割未満しかありません。羊肉は臭みがなく、肥美で脂っこくありません。新鮮な北海道産野菜と一緒に楽しむことができます。

禅 (ぜん)

特に高級食材を使用した創作天ぷらをおすすめします。天ぷらセット以外にも、季節料理セットがあり、2週間ごとにメニューが変更されます。

とらや

この人気のある石料理レストランは地元で評判が非常に良いです。シェフは家庭菜園や故郷の野菜や果物を扱うことに長けており、斬新で驚くばかりの美味しい料理を作り出します。

TAKU円山

北海道の旬の食材を取り入れた懐石料理が提供され、オープンキッチンで料理人と対面して会話することもできます。彼らはあなたの味覚に配慮してくれます。また、厳選されたワインも用意されており、夕食会やパーティーも開催可能です。