7つのフィンランドガラスの家&オーロラ別荘の大特集

フィンランドは人を中毒させる場所です。このガイドでは、フィンランドの7つのガラスハウスの利点と欠点を総括し、自分に合ったガラスハウスを選ぶ方法を教えます!良い場所とポージングを選ぶことで、正しく光を追いかけることができます。この充実した純粋な情報を受け取ってください!

カクスロータナシ村の氷の家ホテル

このガラスの家は、最もよく知られている施設であり、完璧なリゾート施設で、360度のパノラマガラスの家です。サリーセルカの中心部から車で15分の距離にあります。
立地条件は非常に良く、サリースルカ市中心部から1つの街路しか離れておらず、静かな環境でありながら賑やかな場所でもあります。2016年にオープンして、非常に新しい宿泊施設です。半分がガラス張りのデザインで、北側には半分開けられるガラス窓があり、専用バスルームも完備されています。付帯設備も充実しており、スノースポーツも楽しめます。犬ぞりやスノーモービルなどのアクティビティに参加することができ、価格もリーズナブルです(過剰な値段はかかりません)。コストパフォーマンスが非常に高く、繁忙期の価格は500ユーロ前後です。
サリセルカの近くにあるスキー場の山頂には、3つの主要なガラス張りのホテルの中で最高の眺めがあり、オーロラ観測に最適な場所です。今年開業したばかりで、非常に新しいです。2つの部屋タイプがあり、1つは広さ約30平方メートルの大型のもので、もう1つは天窓が大きいが室内の面積は小さく、約20平方メートルです。価格は約400ユーロで、コストパフォーマンスが非常に高いです。
360度パノラマガラスハウス、個別にバスルームがあります。特色あるアイスサウナルームと、雪と氷の中のマッサージバスタブがあります!14年から営業しており、常に高い評価を得ています。
2016年にオープンしたばかりで、広い部屋で内装も新しく、独立したバスルームがあります。ほとんどがパノラマガラスウォールで、壁に接するのは一面だけです(これは少し尴尬だと私は思います)。他のガラス張りの宿泊施設と比べてもコスパが高く、旺季で約450-500ユーロ程度です。

野外北欧の全景小屋

今年完成し、11月末から12月初めに営業開始。コストパフォーマンスが非常に高く、約300ユーロの価格。コンテナスタイルの設計で、北向きのフロアツーセリングウィンドウがあり、オーロラを観察するのに最適な視野角。多くの人が知らないため、予約しやすい。

海景ガラス別荘

去年はまだ開業したばかりで、設備は新しくてきれいで、専用のバスルームがあります。コンテナ型の白い家が一列に並び、両側にガラスとガラスの屋根があり、バルト海に面しています。隣には美しい氷雪城があります。注文を受け付けて、部屋まで配達しています。