エーゲ海岸にある神秘的な小さな町、イズミル。

エーゲ海は微かな波を立て、長い堤防を打ちつけ、コハク、銀の矢などの魚が頻繁に水面から飛び出し、群れのカモメが波間を飛び回っています...イズミルは水と空が一体となった景色の中にあり、言葉で言い表せない美しさです。

カディフィカレ城

アレクサンダー大王は現代市街地のPagus山にシドンの古都を再建し、その当時の防御施設は山頂にそびえ立ち、リシマクスによって建造された都市の全体的な外観を保存しています。城壁の上に立っていると、まるで素晴らしい展望台にいるかのようで、一望することができます。イズミルの市場とイズミル湾の海景を一望することができ、特に夕日前には景色が最高です。
この博物館は、パガマの遺跡から出土した一部の文化遺産を展示し、当時の人々の生活シーンを紹介しています。多くの古代ギリシャ時代の彫刻や美しいモザイクの床も印象的です。

アフメト・プリスティナ市アーカイブ&ミュージアム

これは、市内中心にある古い消防署を改装して作られた都市のアーカイブと博物館です。ここではイズミルの歴史やオリーブオイルの生産の歴史を知ることができます。特に、一部の歴史的な事件について、トルコ人の異なる解釈を見ることができます。展示物に加えて、詳細な図解があります。

サン・ジャン教会

これは有名なサンジャン教会遺跡です。伝えられるところによると、ジャンが2回訪れたことがあり、一般的に教会の4世紀の墓にジャンの遺体があると認められているため、6世紀の東ローマ帝国のユスティニアヌスはその墓の上に壮大な教会を建設しました。