神戸ビーフが食べたいなら、大阪のこれらの5つのレストランに行きましょう。

日本人は牛肉が大好きで、狂信的と言っても過言ではありません。世界で最高の肉質を持つ極上の和牛を育てるだけでなく、牛に関する全ての料理を神業レベルでこなします。どう食べる?どこで食べる?今回は、和牛に特化した大阪のレストランをおすすめします。

北新地の鳥屋

ここでのステーキはまさに絶品です。外側はカリッと焦げ、中はジューシーでやわらかく、味わいも豊かで口当たりが滑らかです。その秘密は、大阪に唯一の「窯」で精巧に作られたものにあります。

肉を切る調べを吟じる

この高級和牛料理店は、難波駅の近くのHipsビルの上にあり、交通が非常に便利で、雰囲気は高雅で静かです。レストランの看板メニューは有名な和牛ブランド「尾崎牛」で、肉はやわらかく、脂肪が少なく、味わい深いです。
几乎每个逛心斋桥的人,都会经过道顿堀与御堂筋交界处这座怀旧风格的建筑,可大多数人却不知它正是赫赫有名的百年老店“播重”。据说“はり重”在大阪人心中有无尚崇高的地位,牛肉全部用A4以上,并且都是母牛,取其肉质嫩香。
喜助は、牛タン料理で有名な仙台に発祥し、創業から40年の歴史があります。すべての牛タンは厳格な選別を受け、自社工場で精密に加工され、食材の鮮度を最大限に保つようにしています。このように厳しい条件が、看板料理の牛タンの地位を高めるのに役立っています。
店は毎回奈良県産の雌牛を丸ごと仕入れていると言われており、価格が手頃で、肉質が新鮮で、めったに食べられない牛肉の希少部位を食べることができます。クラシックな牛バラ肉、肩ロース肉などは必食であり、牛の頬肉、下部横隔膜肉などの珍しい部位も試してみる価値があります。