アントワープ市の市場広場, 周りには古くて独特な建造物がいくつかあります。

Grote Markt
旧市街中心
場所は童心に戻りました。周りには酒があります。
市庁舎前にある有名な青銅の彫刻
たくさんのレストランとカフェ
4.3

紹介

市場広場は、不規則な広場の周りにあり、市庁舎、大聖堂、商工会議所のビルを含みます。これらの建物はすべてルネサンス様式であり、16世紀末に建設されました。この地域は迷路のようで、広場、狭い道路、歩道でいっぱいです。聖母の像も300以上あり、どこでも見ることができます。市庁舎は1564年に建てられ、正面は76メートルで、フランドルスタイルとイタリアンルネサンススタイルの装飾が施されています。全体的に、市場広場は歴史と文化に満ちた場所であり、訪れる価値があります。
住所
旧市街中心