净智寺, 鎌倉地域で有名な寺院の1つ。

Jōchi-ji
神奈川県鎌倉市山ノ内1402
4.1

紹介

净智寺は鎌倉五山の禅宗寺院で、臨済宗円覚寺派に属します。寺の創始者は北条宗政の妻であり、亡夫と息子を記念して1281年前後にこの寺を建てました。鎌倉時代後期から室町時代前期まで、净智寺は繁栄していた七堂伽藍寺院でしたが、後に衰退しました。現在の伽藍は、1923年の関東大震災の後に建てられました。 净智寺を訪れると、中国風の鐘楼門が見え、梵鐘がぶら下がっています。このスタイルは鎌倉では珍しいものです。鐘楼門の奥には曇華殿という仏殿があり、中には主佛の三世佛坐像が祀られています。左側には阿弥陀如来、釈迦如来、弥勒菩薩の像があり、それぞれ過去、現在、未来を代表します。 净智寺は自然の森に囲まれており、梅や桜、杉、槙などの植物があります。ここは非常に静かで、本当の禅宗の世界です。
住所
神奈川県鎌倉市山ノ内1402
営業時間
9:00-16:00
おすすめの交通手段
JR北鎌倉駅から徒歩6分。