高徳院 鎌倉大仏, 露天だけど、仏像は荘厳です。

Kotoku-in Kamakuradaibutsu
神奈川県鎌倉市長谷4-2-28
鎌倉で訪れるべき観光名所の一つです。
高德院は、仏教浄土宗の寺院です。
古都鎌倉の象徴
4

紹介

高徳院大仏は古都鎌倉の代表的な象徴であり、鎌倉大仏としても知られています。日本三大仏像の一つであり、浄土宗の寺院である高徳院にあり、高さ11.5メートル(台座を含め13.35メートル)、重量121トンになります。この阿弥陀如来坐像の顔は2.35メートルで、耳は1.9メートルで、内部は空洞構造になっています。旅行者は、仏像の背面下部から内部に入ることができます。仏像の内部には、何度も修復された痕跡が見られ、左側には、茨城県の子供たちが大仏に捧げるために編んだ大きな草履があります。鎌倉大仏の歴史には多くの困難があり、度重なる台風や火災により大仏殿は何度も修復を余儀なくされました。しかし、1498年には、大殿全体が海水によって破壊され、それ以来、仏像は屋外に供養され続けています。
住所
神奈川県鎌倉市長谷4-2-28
営業時間
4月から9月まで8:00から17:30まで;10月から翌年3月まで8:00から17:00まで;大仏の内部見学時間は8:00から16:30までです。
おすすめの交通手段
江ノ島電鉄長谷駅前を出て、徒歩10分です。
ウェブサイト http://www.kotoku-in.jp