アショーカ王の柱, 仏陀誕生の地に直接訪れる

Ashokan Pillar
マヤデヴィ寺院、F136 F44、ランビニ文化、ルパンデヒ、ルンビニ、ネパール西部開発地域
4.1

紹介

アショーカ王柱は、インドの考古学者ムクジによって1896年にランビニで発掘されました。柱の高さは約6メートル、直径は45センチメートルです。上にはアショーカ王の手書きの勅文が刻まれており、アショーカ王朝が仏陀誕生地を訪れて拝礼したことが証明されています。この重要な歴史的文化財の発見は、玄奘の「大唐西域記」の記録のおかげです。これは真実で意義ある歴史であり、私たちが理解し大切にするに値するものです。
住所
マヤデヴィ寺院、F136 F44、ランビニ文化、ルパンデヒ、ルンビニ、ネパール西部開発地域