バチカン市国, ローマに行く際に必ず行く場所

Vatican City
バチカン市国
世界で最も小さい国家
大聖堂と博物館を訪れました。
4.9

紹介

バチカン市国は、世界で最も小さな国の1つで、ローマの北西にある高地に位置し、カトリック教会の最高権力機関である聖座の所在地です。政教一致の政治体制を実現し、教皇の駐在地でもあります。この国には多くの注目すべき建築物があり、聖ペトロ大聖堂、システィーナ礼拝堂、さらにボッティチェリ、ベルニーニ、ラファエロ、ミケランジェロの作品など多くの芸術品があります。バチカンの日常生活は宗教的な雰囲気に満ちており、毎週日曜日には信徒たちが聖ペトロ広場に集まり、教皇の演説を聞くことができます。バチカンのスイス衛兵は、毎年5月6日に誓いの儀式を行い、天主の加護を祈り、任務を完全に達成し、教皇に忠誠を誓い、命を献上するよう祈っています。この国の図書館や博物館には、多くの歴史的、科学的、文化的価値を持つ芸術品が収蔵されています。
住所
バチカン市国