「ゲーム・オブ・スローンズ」のキングズランディングのロケ地を実地調査する。

ドゥブロブニクは、多くのヨーロッパ人に愛される人気のあるリゾート地であり、数百年の歴史を持ち、 『ゲーム・オブ・スローンズ』のキングズランディングのロケ地でもあります。ここを訪れて、ドラマの場面と同じものを手軽に見てみましょう!

ドブロヴニクのパイル城門は、老都市地区の主要な出入口の一つで、西に位置しています。この外城門は1537年に建てられ、ルネサンス様式のアーチが採用され、その上部には都市の守護聖人である聖ブレーズの彫像がついています。三つアーチの石橋を渡ると、内城門に到着します。内城門は1460年に建てられたゴシック様式で建築され、城壁と直接つながっています。聖ブレーズの像は、20世紀クロアチア最大の彫刻家であるイヴァン・メストロヴィッチによって彫刻されました。

ミンチェタ・タワー

比較的に古典的なのは、竜女が竜を探す過程でのこのセクションです。皆さんは一周する円形の壁に沿って散歩できます。

フォート・ボカル

ドラマで王の都の城壁として登場し、小悪魔は黒水湾の戦い前にこの地でヴァリスと防御方法について話し合った。この場所は比較的見つけにくいようで、プラットフォームに立つことができないため、遠くから見るのが良いでしょう。

西港 (Nishiminato)

キングスランディングの湾を背景に、ピンキーとサンサがおしゃべりする場所で、延長されたプラットフォームが非常にランドマーク的です。
ラグーザ年代史には、たった3ヶ月で現地の人々が要塞を建立し、防御を強化したと詳細に記載されており、建設資材を持ち込んでいたヴェネツィア人が到着した時には、無駄足に終わってしまったとのことです。Lovrijenac要塞は、高さ37メートルの大きな城壁で、城内側はわずか60センチです。要塞の門には、現地語で「自由はどんな富でも買えない」と刻まれています。