スペインのマドリード 貴族の中心で過去にタイムトラベルする。

マドリードはスペインの首都であり、現代的な設備を持つ国際都市でもあります。スペインの経済、金融、行政、サービスセンターとしてだけでなく、多数の文化遺産や芸術遺産もあり、これらはスペインの何千年にもわたる歴史の貴重な遺産です。

ムーア人の支配期には、マドリードはスペインの首都ではありませんでした。防衛のため、モハメド1世は現在の王宮の場所に要塞を建設しました。その後、この要塞は少しずつ改修され、14世紀にカスティーリャの国王によって城と宣言されました。1734年、城は大火事で焼け、フェリペ5世は1738年に再建するよう命じ、17年後に完成しました。王宮の建築様式は、パリのルーブル美術館の設計を参考にしており、方形の中庭と回廊を持ちます。城を皇居として初めて使用した国王は、「マドリード最大の市長」と呼ばれるカルロス3世です。 マドリード王宮は西ヨーロッパ最大の王宮で、内部には3418の部屋があり、それぞれ独自の特徴を持っています。ここには、多くの美しい油絵、コレクション、武器、陶磁器、時計、金銀製品が保存されています。中でも、歴史上最も偉大な弦楽器製作者の一人、アントニオ・ストラディバリが作った5つのバイオリンが、王室図書館の音楽室で展示されています。また、スペインの有名な画家、ベラスケスやゴヤの絵画、イタリアのバロック派の重要な画家であるカラヴァッジョの作品も収蔵されています。 マドリード王宮はまだ王室の居住地でありますが、実際に国王がここに来るのはたまにです。屋根の2つの旗が同時に上がっている場合は、国王がここにいることを意味しています。
マドリード市中心のオリエンタル広場は、19世紀のホセ・ボナパルト時代に建てられた魅力的なガーデンスタイルの広場です。西側にはマドリード王宮、東側には王立劇場があり、それらの壮大な建物が広場をより威厳あるものにしています。王立劇場の一方には、一連のバーが半円形に並んでおり、観光客には周囲の景色を楽しみながらくつろぐ場所を提供しています。広場内には噴水やVelázquezによって設計されたフェリペ4世王の騎馬像があり、観光客が鑑賞できます。スペイン王宮の前面に位置するオリエンタル広場は、皇宮と一緒に壮大な景色を作り出し、多くの観光客の目を引き、写真を撮りたいと思わせます。

ロイヤルシアター

マドリードのテアトロ・レアルは、太陽の門に隣接しており、市の建築家アントニオ・ロペス・アグアドによってイサベル一世の統治時代に建造され、1850年に完成しました(オペラハウスの最初の石基礎は1818年4月23日にすでに設置されていました)。 この建物は1977年に国家的な記念建造物の称号を授与され、劇場としての元の機能を取り戻すことが検討され始めました。そして、1997年には、マドリードの美声芸術の舞台として再び使用されるようになりました。
マドリード王家のアムデナ聖母大聖堂は、スペインの首都マドリード市中心部の西側に位置し、北側は武器広場で宮殿と向かい合っています。教会の主守護聖人はアムデナ聖母であり、またマドリードの主守護聖人でもあります。スペインはカトリック国家ですが、首都がトレドからマドリードに移転したにも関わらず、教会の中枢はトレドに残っているため、この新しい首都には長い間大聖堂がありませんでした。16世紀の初めからこの大聖堂の建設計画があったが、正式に着工されたのは1879年であったため、一度は中断を余儀なくされた。建物のスタイルは元々ゴシック様式であったが、再開後にバロック様式に変更され、宮殿の建物の正面と対応しています。1993年6月15日、この大聖堂はローマ教皇ヨハネ・パウロ2世の祝福の下で正式に開業し、ヨーロッパで最新の大聖堂となりました。アムデナ聖母の原始像は、教会の西側の小さな礼拝堂に安置されています。

タヨウモンイシヅミ遺跡

これはマドリードで最も有名で中心的な広場であり、市庁舎広場からわずか数歩離れています。元々は市街地の門があった場所で、東向きで太陽のイメージが飾られていたため、広場の名前がつけられました。広場は実際にはほぼ半円形をしており、現在の形状は1854年から1860年にかけての大規模な改造工事によるものです。半円形の「平らな」南側を見ると、時計塔が見えますが、この建物は「Real Casa de Correos」と呼ばれています。18世紀に建てられた建物で、元々は郵便局の一部でしたが、現在はマドリード自治州の大統領の本部となっています。
アルテ大通り(Paseo del Arte)は、世界でも美術品密度が最も高い場所の一つです。1キロメートル以上の距離に、有名なプラド美術館、ティッセン=ボルネミッサ美術館、ソフィア王妃芸術センター(アルテ大通りチケットを購入すると、これら3つの美術館を同時に利用できます)が集まっており、他の見逃せない芸術機関や建物もあります。