エーガル地域

エゲルはハンガリー北部の英雄的な古都で、ブダペストの東北130キロにあるエゲル川に面しています。バロック様式の建物が都市に地中海風のゆったりとした雰囲気を与えています。エゲルはハンガリー北部の都市で、ヘヴィシュ州の州都です。マトラ山とビック山の間にあり、ティサ川の支流であるエゲル川に沿っています。11世紀に建設されました。工業には機械製造、オートバイ、家具、タバコ、食品加工などがあります。葡萄栽培とワイン醸造の中心地に位置しており、「エゲルのブラッドレッドワイン」が有名です。中世要塞の遺跡や、16世紀の尖塔、18世紀の宮殿などの建築遺産があります。

エーガル城

エゲル城(Egri Vár)は、ハンガリーで最も有名な建物の1つであり、エゲル地域でも有名な観光スポットです。16世紀、エゲル城はハンガリー王国の主要な要塞の1つでした。1552年、有名な将軍イシュトヴァーン・ドーボが2000人以上の兵士を率いて、約30倍のトルコ軍を打ち破りました。この2000人対6万人の華麗な戦いは、ハンガリー史上の奇跡と考えられ、彼らを永遠の英雄にしました。そして、エゲル城は不滅の伝説となりました。 エゲル城内には2階建ての小さな建物があり、当時イシュトヴァーンが勝利の計画を立てた司令部でした。この建物の一方は城内を向き、もう一方は外の野原を見下ろしています。

イシュタワーン広場

イシュトヴァーン・ドボ将軍の名前にちなみ、保衛戦で名高いイシュトヴァーン・ドボ広場は2014年に再建され、地元住民の主要なレクリエーションスポットになりました。周辺には市役所、大修道院、商店街があります。広場の中央では定期的に小さなパフォーマンスが行われ、多くの住民が訪れます。今は旅行シーズンではありませんが、ここは人気があり、住民たちは広場で友達と集まり、おしゃべりしています。私たちはここで住民たちから友好的な視線で迎えられました。

薬泉谷 (くすりせんだに)

薬泉谷(The Valley of Medicinal Waters)は塩丘で有名であり、これらの塩丘は地下から湧き出る薬泉が長年堆積してできました。トルコのパムッカレとアメリカのイエローストーン国立公園と異なり、ここは全世界で三つしか残っていない自然の塩丘現象の一つであるため、ハンガリーを訪れる際には必見の場所です。泉水の温度は65℃から68℃まで高く、地下約410メートルから湧き出して地表に出ます。長時間の鉱物沈着により、1200平方メートルの塩丘が形成されました。あなたは「ノスタルジア浴場」(Nostalgia Baths)の駐車場から小道を歩いてこれらの神秘的な景色を楽しむことができます。

ロイコー渓谷

フェイトレップ(Fatelep)駅は狭軌鉄道の出発点で、1時間に1度列車が発車し、ハンガリーで最も急峻な歯車のない鉄道沿いに進みます。途中、Szalajkaの池を抜け、幸運なら遊ぶサクラマスが見られます。終点はGloriettの森林の空地で、Szalajka渓谷への入口で、ピクニックに非常に適しています。地元料理であるサクラマス料理を試すことができます。Szilvásváradに来ると、国家重要文化遺産であるリピッツァナー馬の種馬場を訪れることができ、これらのハンガリー馬の特別な遺伝的価値が非常に高いことが分かります。