シェムリアップで最も訪れる価値のある5つの博物館

ここ数年、シェムリアップの観光業は急速に発展し、世界中から数千人もの観光客を魅了し、国際化した小さな町になりました。世界七不思議のひとつであるアンコール・ワット、東南アジア最大の淡水湖であるトンレサップ湖、そして活気あるナイトライフのバーエリアがあり、さまざまなグレードのホテル、旅館、レストランもあります。これらのすべての要素がこの小さな街を一生に一度の必見の場所にしています。この見知らぬ魅力的な都市を知りたいと思ったら、まずは博物館から始めましょう!ここには多くの興味深い博物館があります。このリストを手に入れて、迅速にシェムリアップに足を運んでください!

アンコール国立博物館

アンコール国立博物館は、カンボジア王朝の様々な時代の芸術的成果を代表する作品を展示しています。この博物館は、1万平方メートルの敷地に位置し、そのうち展示ホールは5千平方メートルあり、カンボジア王朝の各時代の芸術的成果を代表する作品が展示されています。これらはすべて本物の文化遺産です。 博物館の外観デザインはユニークで、壮大な総合的な構想と微妙なディテールの変化が巧みに組み合わさっています。遠くから見ると、博物館の屋根はアンコールワットの塔の神秘的な雰囲気を漂わせています。しかし、間近で見ると、回廊や門、埋め込まれた窓などのディテールは、アンコールワットのデザインに触発されるだけでなく、現代的要素も取り入れられており、多くの観光客を惹きつけています。彼らはカンボジア文化が遺した豊かな遺産をのぞき見るために訪れています。

戦争博物館カンボジア

戦争博物館は、カンボジアのソアイ郡グエシガン村に位置し、2001年に設立されました。当時、国防省の支援を受けて、マドワン州、ポティムシー州、ポンクリヤン州などから、戦争時代に残された多数の武器が収集され、戦争博物館に保存されました。

カンボジア地雷博物館

カンボジア地雷博物館は、地雷除去の専門家である地元のアキ・ラ(Aki Ra)によって1997年に設立され、地雷の歴史を人々に語るためのものです。 アキ・ラは、地雷除去作業中に目撃した衝撃的な暴力シーンや同胞同士の相互殺戮を目の当たりにしたため、自ら資金を調達して地雷博物館を開設することを決意し、戦争や地雷がもたらす危険性についてより多くの人々に知ってもらいたいと願っていました。 博物館の入り口には多数の大砲が置かれ、地雷の種類や大きさが様々な地雷亭が設置されています。博物館では、地雷で作られた芸術作品も展示されています。地雷以外にも、ヘルメット、迫撃砲、銃器、内戦時代の様々な武器も展示されています。

カンボジア国立陶芸博物館、クメールセラミックの復興国立センター

カンボジア国立陶芸美術館は、現在カンボジアで最も規模の大きい陶芸美術館で、カンボジア文化の特色を持つ陶芸作品を展示しています。これらの作品は精巧に作られ、外観が美しいため、陶芸を理解し研究するのに最適な場所です。

アンコールパノラマミュージアム

このパノラマ美術館は、小アンコールへと続く道路に位置し、シェムリアップ市内では唯一の美術館です。マルチメディア技術を用いて、アンコール時代の歴史、文化、生活が全体的に展示されています。美術館にはアンコール時代の物語を描いたパノラマ画があり、カンボジアの千年にわたる歴史の物語を訪れる人々に深く理解させてくれます!

アートボックスミュージアム

シェムリアップの3Dアート博物館は、2016年12月2日にオープンし、運営されている展示場所の1つです。この博物館では、科学的な技術の絵画や特殊な塗料を使用して、平面画像(2D)を立体的な効果(3D)に見せます。観光客は、特技芸術博物館として知られるこの展示で、この独特の芸術形式を体験し、楽しむことができます。