アイスランド南部-レイキャビク半島

アイスランド南部には非常に特別な場所があります。それはレイキャヴィーク半島で、ここは世界で唯一、大西洋と北アメリカのプレートが交わる地殻運動が明瞭に示される場所です。シングヴェトリル(Þingvellir)はこの地域で最も有名な歴史的景観であり、毎年プレートは2cmの速度で分離し、その間の断裂は常に埋められ続けています。アイスランドの歴史では、火山が周期的に噴火し、シングヴェトリル(Þingvellir)は930年に議会や大会の開催地として使用され、次の9世紀にわたりこの習慣を維持しました。1798年まで。アイスランドの叙事詩「サガ」の多くの重要な出来事がここで起こりました。この場所は1930年に国立公園に指定され、2004年にUNESCOの世界遺産リストに登録されました。

シングワディレ国立公園

シングヴェディル(Þingvellir)は、アイスランドで最も有名な歴史的な名所の1つであり、930年に最初に開催されたアイスランド議会またはアルシングが開催された場所であり、1798年まで約900年間続いた。サガの多くの事件もここで起こりました。1930年に国立公園に指定され、2004年にはユネスコの世界遺産リストに掲載されました。 シングヴェディル(Þingvellir)は、アイスランド最大の湖であるÞingvallavatnの北岸に位置しています。国立公園を横断するÖxará川はAlmannagjáで滝になり、Öxaráfossと古佛斯の滝、およびHaukadalurの間欠泉とともに、シングヴェディル(Þingvellir)はアイスランドで最も有名なゴールデンサークルエリアの一部です。

ゲイシェル温泉地域

アイスランドのゴールデンサークルツアーのルートに位置する大間欠泉(Stori-Geysir)は、アイスランドで最も有名な自然景観の一つですが、1916年に噴火が停止して以来、休眠状態が続いていました。1935年に一度だけ復活しました。現在、この地域のメインイベントは、大間欠泉から南に100メートル離れた場所にあるもう一つの間欠泉、ストロックール(The Churn)です。この地域は、巨大な煮えたぎる鍋の上に位置する地熱公園で、奇妙な色の硫黄泥プール、悲鳴を上げる蒸気噴口、温泉、暖かい流れ、そして原始植物を噴き出しています。これによって多くの観光客が引き寄せられます。ストロックール間欠泉は約10分ごとに噴火し、白い沸騰する水柱が30メートルにも達し、非常に壮観です。

黄金の滝

アイスランド南部のゴールデンフォッサは2つの滝の組み合わせで、上流の滝は11メートル、下流の滝は21メートルの落差があります。ゴールデンフォッサの川底は、前の氷河期からの岩でできています。1秒間に109立方メートルの水が滝を通過し、最高記録は1秒間に2000立方メートルの洪水です。夏の水量は1秒間に130立方メートルで、建物全体を満たすのにわずか3秒かかります。ゴールデンフォッサには、ホワトア川で水力を開発するなど、そのエネルギー開発潜力を高めるためのさまざまな提案がありました。現在、ゴールデンフォッサの遊歩道が閉鎖される可能性があるため、訪れる前にSafetravel.isウェブサイトでゴールデンフォッサが観光客に開放されているかを確認することをお勧めします。

Reynisfjara黒い砂浜

Reynisfjallは、Vik村の近くに位置する高さ340メートルの火山灰の山で、最終氷河期の火山噴火に由来しています。凝灰岩層、枕状溶岩層、柱状玄武岩脈が交互に現れ、不規則な地質の景観を形成しています。Reynisdrangarは、海から立ち上がる66メートルの岩柱で構成された岩の塊で、その地質構造はReynisfjallと似ています。Reynisfjaraビーチでは、南部の山々の美しい玄武岩の景観を楽しむことができます。また、そこにはHálsanefshellirと呼ばれる非常に美しい洞窟もあります。近年、最良の天候の下でも海の波は非常に危険であり、多くの観光客が命を落としました。したがって、観光客は注意して海からの安全な距離を保つようにしてください。

ヴェストラホルン

アイスランドには多くの農場があり、その中でも最も古いのはホルンです。この農場は、ノルウェーの伯爵であるRögnvaldurの息子であるHrollaugurによって建てられました。多くの観光名所やホルナフィヨルズル市政府も、この農場の名前にちなんで名づけられています。アイスランド語と英語では、ホルンという言葉の意味は同じです。ホルン地区はヴェプスヴェプト山の麓に位置し、標高454メートルで、興味深い地質遺跡で、主にジオライトといくつかの花崗岩で構成されています。山の東側には、海にまで伸びる特異な形状の岬であるブレンホーンがあります。ここでは、海豹がのんびりと砂浜で日光浴をする光景もよく見られます。第二次世界大戦中、ホルン地区は英軍の基地となり、その後、ホルンの南にはNATOのレーダー基地が設置されました。ストックスネスでは、大西洋の力を感じることができますが、特に岩の海岸に巨大な波が押し寄せるときは危険なので、注意が必要です。

ヴァトナ氷河国立公園

2008年に設立されたヴァトナ冰河国立公園は、ヴァトナ冰河とその周辺広大な地域を含んでおり、東南部にはSkaftafell国立公園、北部にはJökulsárgljúfurが含まれます。現在、この国立公園はアイスランド全土の面積の14%を占め、ヨーロッパで2番目に大きな国立公園です。一般的に、国立公園は自然や文化遺産の保護地域を中心としていますが、ヴァトナ冰河国立公園は、その多様な景観が川や氷河、火山、地熱活動によって形成されていることで称賛されています。