「世界音楽の都」ウィーンに入る

この場所では、美しい音楽や建築だけではなく、耳に心地よい流水の音や緑豊かな景観が美しさをもたらします。小道は丸石で敷かれ、錯綜し、一歩ごとに感動を与えます。日が傾くと、ここはさらに優雅になり、それは間違いなくウィーンです!

ハルシュタット湖

ハルシュタット湖は、ザルツカンマーグート地域で最も有名な湖の1つです。朝の湖面には薄い霧がたなびき、時折小さなボートが通り過ぎ、層を成す波紋を引き起こし、静かな湖面に美しい模様を描き出します。夕暮れ時には、湖畔はさらに魅力的です。赤く染まった木々が周りを囲み、水中の白鳥や鴨がのんびりと水面を泳ぎ、湖畔のカフェは美しい景色の一連のラインを構成しています。

美泉宮シェーンブルン宮殿

ウィーン南西部に位置する美泉宮は、壮大な宮殿であり、内部にある王室の庭園と共にオーストリアの文化的なランドマークの一つです。かつてオーストリア王室の避暑地として、美泉宮は輝かしい歴史と王室の優雅さを見せています。

聖ステファン大聖堂

シュテファン大聖堂は、ウィーン市のランドマーク建築であり、ヨーロッパの3大聖堂の1つでもあります。今日、この大聖堂は依然としてウィーンの中心部にある繁華街に建っており、ウィーンの守護者のようにそびえ立っています。ウィーン市中心部に来ると、その壮大な雰囲気に圧倒されることでしょう。

4. フンデルトヴァッサー ハウス (Hundertwasser House)

バイシュヴァッハ公営住宅は、オーストリアの建築の宝石であり、有名な画家兼建築家フリッツ・レーヒ・バイシュヴァッハによって設計されました。このカラフルな建物は、まるでおとぎ話のようなアパートであり、多くの写真家の目を引き、彼らが愛する撮影場所となっています。

サルツブルク大聖堂

ザルツブルグ大聖堂はバロック建築で、今日でもその原始的な外観と内部構造を保っており、歴史的な魅力を完璧に醸し出しています。この古い建物の壮大なファサードと巨大なドームは、アルプス地方での初期バロック様式の壮麗な特徴を際立たせています。同時に、ザルツブルグ大聖堂はモーツァルトが洗礼を受けた場所でもあり、この偉大な音楽家にとってさらなる歴史的な意義を与えています。

ウィーン・コンツェルトハウス

ウィーン音楽協会は、ウィーンの最も古く、最も現代的な音楽ホールの一つです。それはLothringerstraße 20に位置し、音楽愛好者協会に隣接しています。ウィーン音楽協会からゴールデンホールまで徒歩でわずか10分です。ウィーン音楽協会はドイツ語で「Wiener Konzerthaus」と呼ばれ、ウィーン・シンフォニカーの主要な演奏会場です。