サンティアゴ巡礼路を探る

サンティアゴ・デ・コンポステーラは、ローマ、エルサレムと並んで、キリスト教三大聖地のひとつとみなされています。中世には「世界の果て」と呼ばれていました。この神聖な巡礼路を歩くと、世界遺産となっている文化的な場所を見ることができます。

サン・ミラノ・ユーゾ修道院

この修道院は赤ワインの産地であるラ・リオハ地域の小さな村、セントミラン・デ・コゴアに位置しています。ここはスペイン語が生まれた場所であり、最初のスペイン語に関する証拠はここで発見されました。この修道院は壮大なロマネスク建築を採用しており、非常に価値があります。

ブルゴス大聖堂

ブルゴス大聖堂は、スペインのゴシック様式建築の傑作の一つであり、スペイン唯一の世界遺産に登録された大聖堂である。最も壮観な建築部分は、Sarmentalの門(Puerta de Sarmental)である。スペイン巡礼路のサンティアゴ・デ・コンポステーラへ向かう途中にブルゴスを通過する場合は、大聖堂へ行って建物の真の魅力を楽しんでください。

アタブエルカ遺跡

アタブエルカ遺跡はブルゴス市郊外に位置し、市内から約20キロ離れており、ヨーロッパで最も重要な古生物の遺跡の1つです。この地域の人類進化博物館は、ヨーロッパ人の発展の歴史を展示し、サンティアゴ巡礼路の途中でこれらの重要な考古遺跡を見る機会を提供しています。

ビスカヤ橋

ビスカヤ橋は、歩行者や車両の通行に使用される、世界で最も早く建設された高い吊り橋の一つで、河口の両側に架かっています。この橋は19世紀に建築家アルベルト・デ・パラシオによって建造され、国連によって世界文化遺産に指定されています。今でも広く使用されています。スペインに来たら、ぜひビスカヤ橋に訪れ、この歴史的な文化遺産を身近に体験してみてください。

アルタミラの洞窟

アルタミラ洞窟は、サンティリャーナ・デル・マールの近くに位置し、先史時代の「システィーナ・チャペル」と称されています。この洞窟は1869年に発見された先史時代の洞窟で、人類が約11000年から17000年前に居住していたことが考証されています。洞窟は270メートル深く、多くの岩壁画や古代のシンボルなどが保存されています。

ナーランコウシャンの聖マリア教会

オビエドとアストゥリアスは、スペインで保存状態の良い先行ロマネスク宗教建築群であり、その中にはサンタ・マリーア・デル・ナランコ教会が含まれています。この教会は13世紀に建てられ、かつては王国の宮殿でしたが、現在はオビエドの歴史的中心部の一部であり、典型的な先行ロマネスク建築様式を持ちます。

サンティアゴ・デ・コンポステーラ大聖堂

サンティアゴ大聖堂は1748年に建てられ、サンティアゴ巡礼路の終点に位置しており、サンティアゴ市のランドマークでもあります。聖堂の建築様式はバロック様式に属していますが、独自の流派もあります。聖堂の正面にはアーチ状の窓と装飾柱があり、巧妙なデザインで、独特の縦構図手法が採用されています。伝説では、歴代のチリ大司教がここに埋葬されており、巡礼者が崇拝する聖地として知られています。

関連キーワード

サンティアゴ巡礼路サンティアゴ・デ・コンポステーラ世界遺産サン・ミラノ・ユーゾ修道院赤ワインの産地ラ・リオハ地域スペイン語修道院ロマネスク建築ブルゴス大聖堂ゴシック様式建築Sarmentalの門Puerta de sarmentalアタブエルカ遺跡古生物の遺跡人類進化博物館ビスカヤ橋吊り橋アルベルト・デ・パラシオ世界文化遺産アルタミラの洞窟サンティリャーナ・デル・マール洞窟北壁画ナーランコウシャンの聖マリア教会オビエドアストゥリアス先行ロマネスク宗教建築群サンタ・マリーア・デル・ナランコ教会先行ロマネスク建築様式サンティアゴ・デ・コンポステーラ大聖堂バロック様式アーチ状の窓装飾柱崇拝する聖地