アートの素晴らしい旅を探索する

フィレンツェの文化と歴史は非常に誇りに思われ、この街には数え切れないほどの見えない文化遺産が保存されています。美術館はその中の1つです。街全体には多くの博物館があり、無料や有料、予約が必要なものなどさまざまです。フィレンツェ自体がヨーロッパの歴史的名所であり、広場や通りはすべて野外博物館です。Firenze Cardを購入することも考えられます。このカードには、多くの観光地のチケットが含まれており、非常にお得です。

バジェロ国立博物館

フィレンツェ市中心部にあるバジェロ美術館は、この街で最古の建造物の一つであり、サンタマリアフィオーレ大聖堂からも近く、フィレンツェのゴシック建築の代表です。フィレンツェの国立美術館の第2位として、バジェロ美術館では主にルネサンス期の彫刻芸術作品を展示し、ウフィツィ美術館で展示されている絵画作品とは異なります。ここでは、ミケランジェロの「バッコス」とドナテッロの「ダビデ」など、ルネサンス期の彫刻の傑作を鑑賞することができ、貴重な文化旅行となります。

ウフィツィ美術館

ウフィツィ美術館は、イタリアのフィレンツェにある、その市で最も歴史のある、知名度の高い美術博物館です。その美術館は、メディチ家によって寄贈されました。観光客は、ガイドをレンタルすることができ、これらの貴重なコレクションの歴史的背景や物語を深く理解することができます。これは知識が豊富な場所であり、来場者には継続的な学びと恩恵があります。

フィレンツェ美術学院美術館

フィレンツェ国立美術アカデミーは、長い歴史を持つ高等芸術教育機関であり、中世に美術教育科目を最初に創設したことで、世界で最も古い美術学院の一つとして称えられています。同美術館の至宝は、ミケランジェロによる『ダヴィデ』の彫刻と『聖遺物』です。同美術館には、追加料金5ユーロで参観することができますが、内部での写真撮影は禁止されているので、心ゆくまで見学を楽しんでください。