ベルギーブルージュで必ず体験すべきこと

ブルージュは「ノーザン・ベニス」とも呼ばれ、それにもかかわらず、賑やかで騒々しいベニスとは異なる雰囲気を持っています。この小さく静かで美しい街は、生活の息吹を放っています。

ブルージュの鐘楼

ブルージュの市庁舎の塔は、市の中心に位置し、高さ83メートルで、小さな街の有名なランドマークの1つです。時計台の頂上に登ると、息を整え、美しい水辺の小さな街、ブルージュの美しい景色をすべて目の当たりにすることができます!
チョコレート博物館は2004年に設立され、展示品は1000点以上あり、目を見張るものです。小さなチョコレートの背後にある複雑で魅力的な歴史や典故を本当に理解できます!

ブルージュ市庁舎

この市庁舎はルーベン地区で最も古い市庁舎の一つであり、1376年に建設されました。1階のゴシックスタイルのホールに入ると、美しい木製のクーポラの天井やブルージュの歴史的なシーンを再現した12の壁画が目に入ります。これらの壁画は19世紀後半に作成され、非常に壮観で心を震わせるものです。

聖血教会

聖血教会はブルージュでも有名な教会です。伝説によれば、1150年に第二次十字軍東征の時に、イエスの聖血が人々によってエルサレムからブルージュに持ち帰られ、聖血教会はその名を得ました。この行為により、ブルージュ市は恩恵を受け、次第に繁栄していきました。

愛の湖

公園の環境は非常に美しく、田園詩のような景色もブルージュを彩ります。湖には優雅な白鳥がたくさんいるため、「天鵞湖」とも呼ばれています。公園には自転車を借りられる場所があり、湖を一周する自転車に乗って心を開放し、魅力的な景色に酔いしれることができます。

関連キーワード

ベルギーブルージュ体験ノーザン・ベニス賑やか騒々しい小さく静かで美しい街息吹ブルージュの鐘楼市庁舎の塔市の中心高さ83メートル小さな街有名なランドマーク時計台美しい水辺の小さな街美しい景色ショコストーリーチョコレート博物館展示品チョコレートの背後複雑で魅力的な歴史典故ブルージュ市庁舎ルーベン地区最も古い市庁舎1376年ゴシックスタイルのホール木製のクーポラの天井ブルージュの歴史的なシーン12の壁画19世紀後半非常に壮観で心を震わせる聖血教会有名な教会伝説第二次十字軍東征イエスの聖血聖血教会繁栄愛の湖公園の環境美しく田園詩のような景色ブルージュを彩る天鵞湖白鳥自転車を借りられる場所湖を一周心を開放魅力的な景色酔いしれる