週末に何をする?沈陽周辺の歴史的寺院や建築物を挙げます。

都市に比べ、遼寧山山水水は、人々に全く異なる印象を与えます。都市はほとんどが重工業都市であり、荘厳な雰囲気があり、地勢は比較的平坦で、名もなく、実体もなく、清初に入関する前には大規模な中原宗派も存在せず、したがって有名な寺院や古跡はありませんでした。山々は高くありませんが、神秘的で、古風な建築や寺院の中庭をお勧めします。私自身が宗教的な信念を持っていないため、人文建築を楽しむことには支障がありません。これらは、煙や香りを纏い拝んだ場所ではなく、山や水がある、週末数時間散策する価値のある観光スポットです。

中華寺は、瀋陽と丹東の境界に位置し、唐代に建てられた霊山寺という名前から始まりました。寺には頭に字が生えた2匹の大蛇がいると聞いたので、中華寺と改名しました。美しい景観を持つ観光地で、仏教と道教を統合しています。188年の夏、建築を模倣して美しく改修され、観光客は少ないですが、唐代の建築のようにエレガントで、日本の王宮の雰囲気が漂います。また、公園内は清潔で美しく、家族でのお出かけに最適です。

遼陽龍峰山風景区

龙峰山は寺院の集まりで、山に全てを建てられ、観光地の計画面積は20万平方キロメートルで、山の上に占められた面積は1000エーカー以上あり、山から見下ろすと非常に壮観です。龍峰寺は唐の貞観年間に創建され、現在1300年以上の歴史があり、文化大革命中に破壊されました。そして、山の東北には釈迦牟尼の舎利子が供えられた仏塔があります。ネット上でおすすめの龍峰寺はほとんどなく、紹介もありませんので、観光客は少なく、景区全体を観光するには階段を登る必要がありますが、非常に面白く、春に散歩したり、秋に旅行するのは良い選択です。
東漢時代に建立された遼陽広佑寺は、中国における仏教布教の後、最も早い寺院の一つであり、東北地区における仏教文化の中心でもあります。東北地区の政治・文化の中心地位を確立する上で、広佑寺は重要な役割を果たしています。複数回の修繕・拡張を経て、広佑寺は国家AAAA級の観光景区、遼寧省の十大観光景区・十大誠信景区・誠信景区デモンストレーションユニットとなり、ISO9001と環境14001の国際システム規格認証を成功裏に取得しました。

抚顺高尔山景区

抚顺市のランドマークである高爾山は、150万平方メートルの自然林と名勝古跡を所有し、遼寧省で唯一古城跡に建設された公園です。1088年に建造された高爾山古塔は、数百年の風と雨を経験しています。この塔は、抚顺地域で現存する最古の古塔であり、古塔からは近くの半山腰にある観音閣と共に美しい眺めを望むことができます。高爾山自体はあまり高くありませんが、地勢が大きく変化しており、特に秋や冬に登るには適しています。

遼陽龍石風景区

龍石風景区包括龍鼎山和石洞沟两个風景区,规劃總面積20.3平方公里,森林覆蓋率90%。在龍鼎山上,東北第一鐘樓的萬和鐘與仿古長城相互呼應,石洞內群山起伏,周末很值得一天好好散步。風景区的餐廳不多,建議自備食物,如果想要登山需要一定的體力,準備好水,因為山火過後樹蔭很少,夏天比較炎熱。