シェンヤン故宮博物館のプレイ方法をアンロックする

1625年、沈阳故宮の建設が始まり、現在まで約400年の歴史があります。沈陽故宮は、清太祖ヌルハチと清太宗皇太極が入関前に建設したものです。1616年、明朝女真族の建州部首領ヌルハチは、女真各部の統一の過程で、現在の遼寧省新賓境内の赫圖阿拉城にハン国を建設し、「大金」地方政権を打ち立てました。1621年、遼寧・沈陽地域を占領し、1625年に遼陽から沈陽に移転し、城内で宮殿を建設しました。1626年には再びハン位を封じ、1636年に正式に即位して帝位を称し、「大清」と改名しました。1644年、大清が北京に遷都したため、沈陽故宮は陪都宮殿となりました。

1636年、後金は国号を大清に改め、崇政殿がここで開かれた。沈陽故宮最も重要な建築物は崇政殿であり、全体的には五間九檜硬山式建築で、すべて木構造である。南北に隔扇があり、前後には石雕の欄干がある。屋根は黄色の琉璃瓦で、緑色の切り替え模様が飾られ、正脊には五色の琉璃龍文と火焔珠がある。北京故宮の琉璃瓦は黄色で、沈陽故宮の琉璃瓦は緑色で、切り替え模様は黄色である。沈陽故宮と北京故宮には大きな違いがある。
沈阳故宮博物院の東には大政殿という建物がありますが、崇政殿と大政殿には何が違いますか?崇政殿は皇宮の正殿と同様に、皇帝が毎日政務を行う場所であり、一般的に「上朝」と言われています。しかし、大政殿は重要な集会が行われる大型の「大殿」であり、通常はほとんど使用されません。
鳳凰楼は当時盛京で最も高い建物であり、宮廷の制高点でもありました。鳳凰楼に登ると、全ての瀋陽市が見渡せます。鳳楼の層梁フレームには赤地龍の彩画が装飾されています。中央の部屋には「万寿無疆」という梵字、鳳凰、篆書の模様が飾られており、皇帝や皇后が読書や休憩をすることがよくありました。底層は内門として、宮廷エリアへの出入り口として使用されていました。実際には鳳凰楼だけでなく、盛京の宮廷においては、宮殿が三メートル以上の高台に建てられ、周囲に環状の回廊があり、封鎖された城塞のようでした。これは、満洲先祖の女真人が長期間山岳地帯で居住していた伝統的な習慣に合致しています。
清寧宮は清朝の太宗ヌルハチと皇后ボルジギトの「中宮」です。東側には、東配宮の関雎宮と衍慶宮があります。西配宮には麟趾宮と永福宮があります。外に向かって見ると、清寧宮の満州民家の門は東側に開いています。

永福宮

五宮の端に位置する永福宮は、次西宮とも呼ばれ、太極后妃の中で名声が高かった庄妃が住んでいた宮殿です。庄妃の本名は布木布泰で、崇徳元年に皇太極に後妃として冊封された際、福晋として尊敬されました。例えば、清政府の強化発展と影響力に関して、庄妃が清政府で果たした役割は、四妃をはるかに超え、後世に清史上最も活躍した后妃として称賛されています。庄妃は中宮皇后哲哲の姪であり、東宮宸妃海蘭珠の実妹でもあり、3人はすべてモンゴルの科爾沁部からの出自です。