乾陵を訪れ、隆盛な長安を深く探究!

西安は中国四大古都の一つで、5000年以上の歴史があります。1981年には「世界歴史名城」として認定されています。市内を散策すると、城壁や古建築物に歴史の痕跡を触れることができます。初めての訪問であれば、陝西博物館、兵馬俑、城壁などが必見ですが、この街をより深く知りたい場合は、乾陵を訪れることをお勧めします。

乾陵には文字が刻まれていない碑があります。

無字碑について言及すると、それは世界的に有名です。それは一体の巨石から作られており、高さは7.53メートルで、単に巨大でなく、一体感も醸し出しています。もともと碑文は存在せず、碑石の中央には鼠竜が彫られており、左右に4つずつあり、合計9匹の鼠竜がいます。したがって、「九龍碑文」とも呼ばれています。
「無言の碑に対して」と題され、武則天が手書きした功徳碑で、唐高宗を讃えるために作られたものです。乾陵以前は、皇帝の墓に碑を立てず、墓には碑文もありませんでした。乾陵はこの伝統を破って作られたため、非常に重要な歴史的意義を持っています。
最も注目すべきは、61人の番臣像でしょう。乾陵の朱雀門の外側には、2つの組の首なし石人があり、それぞれの衣装は異なります。腰にバンドを巻いた服装のもの、襟を締めた袖の細いもの、左に髪をかき分けたものがありますが、すべての像は並び立ち、手を前に抱え、整然と陵の前に並び立っており、非常に神秘的です。

両乳峰 (りょうちくほう)

ここを「眠りの美女」と呼ぶ人が多いのは、二つの山頂が女性の「胸」の形をしているためであり、特にこの山頂に建築物を追加した後はそれがさらによく似ているため、「双乳峰」と呼ばれるようになったと言われています。建築物は1つは陵山の主峰下の正宮を守るためであり、2つは地形の特徴を強調し、「女主守宮」の魅力と神秘さをさらに高めるためです。

懿徳太子の墓

懿徳太子李重润は乾陵に埋葬されました。彼は中宗李显(哲)の長男であり、高宗李治と武則天の孫です。19歳で武則天に殺されました。李显が復位した後、彼は「懿徳太子」として追贈され、758年に灵柩を洛陽から乾陵に移送して陪葬されました。また、「陵寝」という特別な称号も贈られました。
永泰公主は唐の中宗李顕の7番目の娘であり、また唐高宗李治と武則天の孫娘で、名は仙蕙です。ここで出土した壁画、陶俑、木俑、三彩俑、金銀玉器、銅器などの貴重な文化財は1000点以上に及び、特に壁画は見る者を圧倒します。